ゼミリレー

鶴見川フィールドトリップ 現代社会学科

2014年08月22日  ゼミ/授業名:教養基礎演習II(篠田ゼミ)

流域地図

「流域地図」は、一般的な地図とは異なり、川の流れに沿った地図です。山に降った雨が、森を流れ下り、集まり、やがて海に注ぎ込むまで、地形にそって形成される地図のことです。自然の地形に添っているとともに、人工的な地形の中も流れます。既存の地図から視点の転換が必要とされます。 そこでゼミでは、川の流れに沿って縮尺の大きな地図を貼り合わせたり、等高線に沿ってスチレンボードを切り抜いて接着した立体図をつくったりするなど、視覚だけでなく手を駆使してイメージ作りを行いました。

鶴見川流域フィールドトリップ

11月23日、鶴見川の源流から河口をたどるフィールドトリップを実施。鶴見川の源流は恵泉女学園大学にほど近い、多摩ニュータウンに隣接する森の中にあります。一日かけて源流から横浜市鶴見区の河口までをバスで移動しながら観察しました。
途中、鶴見川は暗渠になって見えなくなったり、再び川面が見えたりしながら多摩丘陵を下っていきます。都市を流れる河川は、水量が少なく流れが途切れてしまうことも多いのですが、鶴見川は下水処理水も流入させているため流量が多く、多くの生き物をはぐくみながら流れ下っていきます。

近年、ゲリラ豪雨や台風などの集中的な降雨で河川が氾濫することが多くなっています。洪水対策の機能がある恩廻公園調整池や日産スタジアムに隣接した多目的遊水地(鶴見川流域センター)を見学しました。

河口付近になると川幅も広くなり、工場や倉庫が立ち並ぶ湾岸地域になります。河口のミニ干潟や釣り客などでにぎわう鶴見川の川辺を散歩し、鶴見川の旅は終わりました。

恩田川
鶴見川の源流の一つである恩田川は、町田市内に源流を持ち、住宅街の中を流れる川にもかかわらず、豊かな湧き水によって支えられています。12月15日、「恩田川の会」の方たちが川の清掃や川の生き物調べをなさっている様子を高瀬橋付近で見学しました。川に投網を投げて魚を獲り、水槽に入れて観察します(観察した後は放流)。
水槽に入れた生き物調べをしていると、たちまち河岸を散歩していた近隣の人々が集まってきて、「この魚は昔からいたよ」「これは始めて見た」といった会話が弾みます。こうした交流によって会の活動が近隣の人々にも理解されていく様子が伺えました。

身近な川が、自然と社会の接点としての姿を見せてくれました。岸由二先生をはじめ、ご案内くださったすべての方に感謝いたします。

鶴見川フィールドトリップ報告書(PDF:1.0MB)

鶴見川源流最高度地点を示す標識

危険から身を守る為のセミナー 社会園芸学科

2014年08月08日  投稿者:中島愛子さん(13PH046) ゼミ/授業名:社会園芸学科1年2年合同HR

学期末に行われた社会園芸学科1、2年生の合同ホームルームでは、『危険から身を守るためのセミナー』が行われました。講師としてリスクマネジメントがご専門のSteve Donofrio先生をお招きして、防犯対策の心構えのお話を伺いました。また、防犯のためのアドバイスが100項目掲載されている冊子もいただきました。

危険から身を守る為のセミナーの続きを読む

身振り手振りを交えながら熱心にレクチャーしていただきました。

全学年合同見学ツアー 日本語日本文化学科

2014年07月07日  投稿者:篠崎美生子 ゼミ/授業名:篠崎ゼミ

5月末の晴れた土曜日、日本近代文学を扱う篠崎ゼミの1年生から大学院生まで、総勢34名で、神奈川近代文学館で行われた太宰治展を見学してきました。人間太宰の情念にたっぷりひたったあとは、山下公園で点心ランチ。午後は希望者を募って、日本新聞博物館を見学しました。参加者からのメッセージを、どうぞお楽しみ下さい。

全学年合同見学ツアーの続きを読む

太宰治展

岩村ゼミー大切な三つのことー 歴史文化学科

2014年07月01日  投稿者:文化学科4年 工藤 涼子 ゼミ/授業名:岩村ゼミ

文化学科岩村ゼミでは3年次にテキストを使用して哲学的思考や神話的思考について学び、4年次より様々なテーマでディスカッションや発表を行っています。
岩村ゼミで大切にされていることは3つあります。それは「生き方を考えること」、「立ち止まること」、そして「パっと言われたことに対してパっと返すこと」です。

岩村ゼミー大切な三つのことーの続きを読む

多摩市農業委員会の方々との交流会 社会園芸学科

2014年06月30日  投稿者:澤登ゼミ 4年 西川しおり ゼミ/授業名:澤登ゼミ

6月26日午後、多摩市農業委員会の方々8名と多摩市市民経済部経済観光課の担当者が恵泉の教育農場を視察に来られました。これは、多摩市の経済観光課(農業委員会事務局)の計らいによって実現しました。

南野キャンパスを出て、前庭花壇、ハーブガーデン、ガラス温室をとおって、教育農場に行き、南野キャンパスに戻って意見交流会を行いました。近くに住んでいてもキャンパスの中に入ったのは初めてということで、恵泉の畑や花壇などにとても興味を持ってくださり、畑の様子を熱心に見ておられました。中には有機栽培を行っている生産者もいて、病気も出すに立派なキュウリがなっているとお褒めの言葉をいただきました。また、7月初めの開かれる「せいせき朝顔市」に出展するために学生らが育てている朝顔もみていただきました。

多摩市農業委員会の方々との交流会の続きを読む

  • 「生涯就業力」を磨く
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn