社会・人文学会

社会・人文学会とは?

本会の目的は、文化と社会にかかわる現象を総合的に研究すること。
構成員は、本学教員、卒業生、学生、大学院生、本学園関係者及び本会の目的に協力する者らです。
会員は、所定の会費を納めなければなりません。
会員は、機関誌『恵泉アカデミア』の無料配布を受ける他、本会の事業に参加することができます。

会則
恵泉女学園大学 社会・人文学会会則

活動報告

『恵泉アカデミア』の発行

年1回(12月中旬)発行しております。「AA」と評価された卒業論文及び修士論文の圧縮版(掲載は本人の意思による)、本学会が主催した講演会録、投稿論文などを掲載しています。

投稿規定

在学生には無料で配布し、卒業生には、希望があれば3年間無料で送付します。その後は、希望者に有料で送付します(会費として1,000円/2年間)。
送付をご希望の方は、必要事項【氏名、郵便番号・住所、電話番号、卒業年度、学籍番号(覚えておられたら)】をjinbungk@keisen.ac.jpまでご連絡ください。会費納入の払込用紙をお送りいたします。

恵泉アカデミア(電子ブック)
第16号(2011年12月)
第15号(2010年12月)
第14号(2009年12月)

恵泉アカデミア第15号恵泉アカデミア第16号

2016年度講演会

「多様な性から考える"人にやさしい社会"とは」

講師 室井 舞花(国際交流NGOピースボート 職員)
日時 2016年6月30日(木) 12:25~13:30(社会・人文学会2016年度総会・講演会として行われます)
場所 J202教室(総会会場)

学生研究奨励金制度の運用

「学生研究奨励金制度」の実施。学生諸姉の自主的な調査研究活動に毎年最高10万円の「奨学金」を出しています。
社会・人文学会「学生研究奨励金制度」規定
社会・人文学会「学生研究奨励金制度」の実施細則
学生研究奨励金 支給一覧
また、『恵泉アカデミア』や学内ポスターでも確認できます。

総会の実施

2016年度総会案内

予算・決算の承認。年会費は教員2,000円・学生1,000円です。不足が生じた場合には大学から補助金を受けています。

upBtn