国際社会学科

国や地域間、特定の地域に偏在する問題に現場感覚をもって取り組む人材を育成します

経済学、政治学、法学、社会学など社会科学の理論により国際情勢や格差社会の問題を考察し、現場感覚をもって国際社会で活躍する人を育成します。複数の国や地域にまたがるグローバルな問題を考える国際関係コースと、アジア中心の地域研究コースがあります。

国際関係コース

現代社会や世界の課題を知り平和のあり方を追究する

国際紛争と、その結果としての難民問題、およびそれらの背景要因となる資本主義や格差の問題に取り組みます。アメリカ、ヨーロッパを中心に、複数の国や地域が関わる国際関係を研究します。

地域研究コース

アジア諸国の社会を理解し現場で活躍する力を身につける

成長著しいアジアにおける市場拡大にともない深刻化する経済格差や環境、子どもの貧困などの問題に取り組みます。現地で活躍するための知識や技術を、アジアの言語とともに習得します。


国際関係コース コース共通 地域研究コース
  • 移民・難民
  • 国連
  • 地域紛争
  • 戦争
  • メディア
  • テロリズム
  • 金融市場
  • プレカリアート
  • 労働
  • 人権
  • ジャーナリズム
  • 多国籍企業
  • 宗教多様性
  • アメリカ
  • ヨーロッパ
  • 国際社会学
  • 国際政治学
  • 国際経済論
  • 社会開発論
  • 平和学
  • 資本主義
  • 国際人権論
  • 経済格差
  • 環境
  • 貧困
  • 気候変動
  • 不平等
  • ジェンダー
  • アジア史
  • 日本と近隣
  • アジア関係史
  • アジアの発展
  • 先住民族
  • 工場団地
  • インドネシア
  • ベトナム
  • カンボジア
  • タイ
  • フィリピン
  • 韓国
  • 中国
  • インド
  • アジアの発展
  • 人口増加
  • アジア社会論
  • アジア経済論
  • 子どもの貧困
  • 人身売買
  • インフラ整備

多文化オープンコース

歴史・文化コース

国際社会での市場形成や紛争問題を考えるうえで不可欠な文化や宗教、価値観についての考察を深めます。

メディア・社会コース

国際社会について学ぶなかでメディアの影響について考え、社会問題を広く提起するうえでの課題に取り組みます。

地域貢献コース

女性の社会進出や労働、子どもの権利問題を国際比較しながら、地域の課題と向き合い、解決方法を提案します。

取得できる資格/免許

  • 国際ボランティア実務士
  • 日本語教員( 副専攻)
  • 中学校教諭一種免許状〈英語〉
  • 高等学校教諭一種免許状〈英語〉

めざす進路

  • アジアの日系企業
  • 金融・商社
  • キャビンアテンダント(CA )
  • 旅行関連企業・ホテル
  • 国内外の日本語学校の教員
  • アパレル関連企業
  • 中学・高校の英語科教員
  • 大学院進学

国際交流

本学では、国際交流のための多彩なプログラムを用意しています。世界と日本の関係を見つめ、グローバルな視点を身につけるため、学びの場を海外へ広げています。

国際交流はこちら

upBtn