国際社会学科

タイ農村での半年間の体験は大きな自信に

小中高共に、学業や人間関係で上手くいかず、自分に自信が持てず、精神面で大きな悩みと苦しみを抱えていました。しかし、恵泉で出会った先生や仲間たちは、ありのままの私を受け入れ、いつも見守り、必要な時には手を差し伸べ続けてくれました。この体験を通して、他者を信頼し、感謝し、支え合って生きることの大切さを学びました。今後はわたし自身が他者に寄り添っていく歩みができるようにと願っています。続きを読む

国際社会学科 4年
波多野 姫花 さん
都立荻窪高校出身
進学先:日本児童教育専門学校 保育福祉科

国や地域間、特定の地域に偏在する問題に現場感覚をもって取り組む人材を育成します

経済学、政治学、法学、社会学など社会科学の理論により国際情勢や格差社会の問題を考察し、現場感覚をもって国際社会で活躍する人を育成します。複数の国や地域にまたがるグローバルな問題を考える国際関係コースと、アジア中心の地域研究コースがあります。

特徴的なプログラム~国際交流~

国際性で首都圏女子大1位を獲得した恵泉。その多彩な海外プログラムにチャレンジしよう。
語学研修や留学では、英語だけでなく、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語などいろいろなアジアの言語が学べます。
国際協力や海外ボランティアに関心のある学生には、タイやカンボジアのフィールドスタディがお勧めです。
国際NGOの最前線を知る教員が引率してくれます。

1年生から参加できる海外語学研修

春休み、夏休み中に2週間~1カ月かけて、仲間と一緒にオーストラリア、カナダ、イギリス、フィリピン(英語)、韓国、中国、インドネシアを訪問し、語学を学ぶプログラムです。1年の夏休みから参加でき、奨学金制度も整備されています。初めて海外に行く人や、長期留学は不安、という人におすすめです。

フィールドスタディで体験する国際協力の現場

フィールドスタディ(FS)とは、海外の現場での実体験を通して、机の上の知識だけでは学び取ることのできない人間的理解を得る体験学習のことです。約5ヶ月にわたってタイに滞在し、現地のNGOや農山村などで体験学習をする長期FSと、アメリカ、オーストラリア、アジア各地域へ1~2週間程度行く短期FSがあります。

長期留学で語学力と自立心を養う

1年か半年間程度、アメリカ、イギリス、アイルランド、韓国、中国、台湾、タイの協定校に留学できます。女子大ならではの安全対策・危機管理制度や手厚い奨学金制度も魅力です。全学生に占める中長期・留学経験者の割合で、首都圏女子大3位の評価を獲得。語学力の向上や異文化体験を通じて、将来の夢に向かって前進しましょう。

専門を深める学びは、コースに分かれて行います。
2年春学期から希望コースを体験し始め、3年春学期までに自分の学びたいコースを選択します。

国際関係コース

現代社会や世界の課題を知り平和のあり方を追究する

国際紛争と、その結果としての難民問題、およびそれらの背景要因となる資本主義や格差の問題に取り組みます。アメリカ、ヨーロッパを中心に、複数の国や地域が関わる国際関係を研究します。

地域研究コース

アジア諸国の社会を理解し現場で活躍する力を身につける

成長著しいアジアにおける市場拡大にともない深刻化する経済格差や環境、子どもの貧困などの問題に取り組みます。現地で活躍するための知識や技術を、アジアの言語とともに習得します。


コース共通 国際関係コース 地域研究コース
  • 資本主義
  • 国際人権論
  • 経済格差
  • 環境
  • 貧困
  • 気候変動
  • 不平等
  • ジェンダー
  • 移民・難民
  • 国連
  • 地域紛争
  • 戦争
  • メディア
  • テロリズム
  • 金融市場
  • プレカリアート
  • 労働
  • 人権
  • ジャーナリズム
  • 多国籍企業
  • 宗教多様性
  • アメリカ
  • ヨーロッパ
  • 国際社会学
  • 国際政治学
  • 国際経済論
  • 社会開発論
  • 平和学
  • アジア史
  • 日本と近隣
  • アジア関係史
  • アジアの発展
  • 先住民族
  • 工場団地
  • インドネシア
  • ベトナム
  • カンボジア
  • タイ
  • フィリピン
  • 韓国
  • 中国
  • インド
  • アジアの発展
  • 人口増加
  • アジア社会論
  • アジア経済論
  • 子どもの貧困
  • 人身売買
  • インフラ整備

多文化オープンコース

2017年度に開始した新しいコースです。
学科の壁を超える、学際的なテーマが研究できます。
どの学科の学生も選択可能です。

国際社会学科の学生は、国際関係コースか地域研究コースに進んでもよいですし、3つの多文化オープンコースのどれか1つに進むこともできます。

3年春学期までに、自分の専門とするコースを最終決定することになります。

歴史・文化コース

国際社会での市場形成や紛争問題を考えるうえで不可欠な文化や宗教、価値観についての考察を深めます。

メディア・社会コース

国際社会について学ぶなかでメディアの影響について考え、社会問題を広く提起するうえでの課題に取り組みます。

地域貢献コース

女性の社会進出や労働、子どもの権利問題を国際比較しながら、地域の課題と向き合い、解決方法を提案します。

国際社会学科の卒論題目の一例

  • 日韓アイドルの比較 ―ジャニーズとK-POPからみる国家・社会への貢献―
  • Business Process Outsourcing and Gender in the Philippines:The case study of callcenter workers
  • ディズニープリンセス・ヒロインとアメリカ女性の歴史
  • タイの山地民・カレン族の社会から学ぶ社会参加・ラディカルデモクラシーとはなにか ―循環型の畑をめぐる活動を事例に―

取得できる資格/免許

めざす進路

  • アジアの日系企業
  • 金融・商社
  • キャビンアテンダント(CA )
  • 旅行関連企業・ホテル
  • 国内外の日本語学校の教員
  • アパレル関連企業
  • 中学・高校の英語科教員
  • 大学院進学

卒業生の活躍についてはこちら
学生×保護者メッセージ

upBtn