学長の部屋

  • 「生涯就業力」を磨く
  • 「対談シリーズ」
  • 卒業生紹介

2019年度をふりかえって、学生への感謝と表彰を行いました

2020年01月27日
恵泉女学園大学学長 大日向雅美

明日をもって秋学期の授業がほぼすべて終了となります。
それに先立って、先週、2019年度をふりかえって、学生たちへの感謝と表彰の式を行いましたので、ご報告いたします。

2019年度をふりかえって、学生への感謝と表彰を行いましたの続きを読む

難病の子とその家族に寄り添う女性たち

2020年01月20日
恵泉女学園大学学長 大日向雅美

早いもので1月も下旬を迎えました。昨日まではセンター試験。そして、これからは大学独自の入試シーズンを前に、緊張の日々が続きます。そうした中、スポット的に空いた一日、大阪まで出向いた講演先で素敵な出会いがありました。

難病の子とその家族に寄り添う女性たちの続きを読む

成人の日を迎えた皆様に

2020年01月13日
恵泉女学園大学学長 大日向雅美

成人の日、おめでとうございます。
皆様の前に開かれている遥かな未来が豊かなものとなることを願って、「V・W」の言葉を贈りたいと思います。

ノーベル医学賞を受賞された山中伸弥氏が、研究者の道を志して渡米されたとき、ロバート・マーレー先生(当時 グラッドストーン研究所 所長)から贈られた言葉です。
"Visionの「V」と、Work hardの「W」。この2つを守れば、研究者として、人間として大丈夫だ"と言われたとのことです。

このマーレー先生の下で若き日の山中氏が学んだことは、研究上の知識と技術は勿論のことと思いますが、それ以上に生き方だったと言うことが私には感慨深く思われます。

これから皆様が進む道はさまざまでしょう。どの道を選ぶとしても、ご自分が何を目指し、何のために力を尽くすのかの「V」をいつも問い続け、その実現に向かって真摯に力を注ぐ「W」を心掛けていただけたらと思います。
皆様はこれからの人生、何があってもご自分の目標を見失わず、大切な人や地域・社会のために尽くすことに喜びを見出して活躍する女性となるために、今、恵泉生として日々、「生涯就業力」の基礎を学んでおられます。「V・W」を常に胸に刻んで、皆様の「生涯就業力」を豊かに開花されることを願っております。

成人の日を迎えた喜びを心に刻み、あなたらしく輝く人生に向かって、一歩を踏み出してください。

新年のお慶びを申し上げます

2020年01月01日
恵泉女学園大学学長 大日向雅美

新年のお慶びを申し上げます

新年のお慶びを申し上げますの続きを読む

クリスマスの時を迎えて

2019年12月23日
恵泉女学園大学学長 大日向雅美

11月27日のクリスマスツリー点火式以降、今日まで多摩キャンパスではイエス・キリストのご降誕を迎える準備が進められてきました。12月18日には大勢の学生・教職員が集ってクリスマス賛美礼拝を執り行うことができました。そして、いよいよ明日はクリスマスイブです。このひと月余り、アドベントの時を紡いできたキャンパスの様子を写真でお伝えさせていただきます。

クリスマスの時を迎えての続きを読む

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11