学長の部屋

  • 「生涯就業力」を磨く
  • 「対談シリーズ」
  • 卒業生紹介

パラリンピックでの卒業生の活躍

2021年09月13日
恵泉女学園大学学長 大日向雅美

7月末から熱戦を繰り広げた東京オリンピック・パラリンピックが9月5日に、すべての日程を終えて閉幕となりました。
コロナ禍での開催には人々のいろいろ思いや意見もありました。
必ずしも歓迎一色ではない風潮とコロナ禍で開催自体が危ぶまれる不安の中、ひたすら競技に集中したアスリートたちの努力とひたむきさは、純粋に称えたいと思います。

パラリンピックでの卒業生の活躍の続きを読む

今年はオンラインでサマープログラム

2021年09月06日
恵泉女学園大学学長 大日向雅美

連日の猛暑とコロナ禍の感染急拡大が重なり、今年は殊の外厳しい夏となりました。
例年でしたら、学生たちが語学留学や長期FSなどで世界各地に出かけ、あるいは各国からの留学生を多摩キャンパスに迎えるのですが、今年はそれが叶いませんでした。
それでも、若い力はコロナ禍に負けることなく、国境を越えて心を繋ぐ時を持てたという嬉しいご報告をさせていただきます。

今年はオンラインでサマープログラムの続きを読む

コロナ禍の中の子どもたちを思う

2021年08月30日
恵泉女学園大学学長 大日向雅美

8月も最後となりました。
いつもなら祖父母の家や海山で夏を楽しんだ子どもたちが友だちや先生との再会を楽しみに登校する姿が見られる時期です。
しかし、コロナ禍の急激な感染拡大によって、2学期の開始を延長した学校があったり、あるいは昨春のように一斉休校にするのではなく、登校するか否かを家庭の判断に委ね、仮に登校しない場合は家庭での学習に支障が生じないような手立てを講ずる自治体もあると伝えられています。

コロナ禍の中の子どもたちを思うの続きを読む

平和を思う8月

2021年08月23日
恵泉女学園大学学長 大日向雅美

先週は夏休みをいただいて、このブログもお休みいたしましたが、皆様はいかがお過ごしでいらっしゃいましたか?
例年ですと、8月は広島・長崎の「原爆の日」、そして、8月15日の「終戦の日」と、平和を願い・祈る時を多く持つ月です。しかし、今年は五輪やコロナ感染の異常な急増等が大きな話題となって、テレビ等でも戦争と平和を考える時が少なかったように感じられました。

平和を思う8月の続きを読む

学生の"私が考える生涯就業力"論文募集

2021年08月09日
恵泉女学園大学学長 大日向雅美

学生による"私が考える生涯就業力"論文募集が始まりました。
第1回目のテーマは「私のいままで、そして、これからを見つめる生涯就業力」です。
本学に入学してから、さまざまな場面で「生涯就業力」について学生たちは学んでいます。特に「生涯就業力STEP(Ⅰ~Ⅷ)」では、学年別に テーマが設定されています。こうして学んだ生涯就業力を基に、学生たちが自身の今を見つめ、これからの生き方に展望をもってもらいたいと願っての企画です。

学生の"私が考える生涯就業力"論文募集の続きを読む

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11