日本語教員養成課程

日本語教員という職業を知っていますか?
国語の教員ではなく、外国人や帰国生のように外国生活が長かった日本人などに日本語を教える教員のことをいいます。近年、日本と諸外国との交流は様々な場面で盛んになっています。そのため、日本語を学びたい人々は年々増える傾向にあり、各方面で多くの日本語教員が必要とされています。
しかし、文化も習慣も異なる人々に日本語を教えるということは、簡単なことではありません。そこで特別な知識と実践が必要になる訳です。
恵泉ではいち早く「日本語教員養成課程」を導入しました。日本語についての基礎知識としての日本語概説・日本語文法・日本語学(音声)をはじめ、日本語教授法・日本語教育実習など、実践に即した独自のカリキュラムで、質の高い日本語教員を養成しています。

主専攻

主専攻は、日本語日本文化学科の学生のみが履修できます。日本語教員養成課程の科目は、学科の必修科目と多くが重なっています。学科での学びを深めながら、日本語教員養成課程を修了することができます。

副専攻

副専攻は、全学科の学生が履修できます。それぞれの学科で専門的な学習をしながら、日本語教員養成課程を修了することができます。いろいろなことにチャレンジしたい学生が学んでいます。

「日本語教育能力検定試験」対策講座

日本語教員養成課程模擬授業

毎年、日本語教育学会認定の「日本語教育能力検定試験」対策講座を実施しています。この試験は合格率が18%という難関で、合格するためにはしっかりとした準備が必要です。
日本語教育能力検定試験

海外日本語教育インターンシップ

海外日本語教育実習

2017年度は、タイ・パヤップ大学(日本語学科)において、5名の学生が2週間の教育実習を実施。実習生は、「文字」「文法」「読解」「会話」の授業を行うとともに、現地学生との交流を深めました。

海外教育実習体験記

実習先:タイ・パヤップ大学

4年/取材当時
ゼミ:言語学・日本語教育

漢字の教え方を工夫することにより学生の意識が"苦手"から"楽しい"へ

実習中の授業は、文法と漢字を担当しました。文法は、タイと日本の恋愛を紹介しながら文法を導入していく授業。生徒がSNSのコメントのなかで、教えた文法を使っているのを見たときは嬉しかったです。漢字は苦手な学生が多く初めは苦労しましたが、漢字が入った切り絵や絵本などを取り入れて工夫することにより、楽しく学んでくれました。実習で必要なのはジェスチャーや笑顔です。そして、積極性が何より大切だと感じました。

大学で模擬授業を行い、先生に細かく指導していただいた経験が、実習で役立ちました。

非漢字圏のタイは漢字が苦手な学生が多くいましたが、授業では楽しく学んでくれました。

upBtn