国際交流いろいろ日記

国際交流/国際感覚を養うためには、いろいろな手段があります。 海外に留学することもそうだけど、学内で学ぶ留学生と交流することもその一つ。 異文化の中で生活をするということに、驚き戸惑いながらも成長してゆく学生のリアルな声や学内でのいろいろな国際交流をご紹介いたします。

中国(杉達大学)協定派遣留学生より2 派遣留学生の声:中国

2015年04月30日 

中国に来て2ヶ月が経過した。2ヶ月が経過して、たしかに来た時よりは中国語を聞き取ることができているが、それでもまだまだスムーズに会話をすることはできない。もっと中国語に触れる機会を作らなければいけないと思う。

勉強面では、今のところ授業についていけないなどの問題はない。私たちの中国語のクラスは、月・火・木がwritingの授業、水・金がlisteningの授業で、writingはビジネス中国語と教科書を並行して行っているので、教科書の進みは遅いが、ビジネス中国語は難しいためとても勉強になる。listeningは進みが非常に早く、早く新出単語を覚えないと授業についていけなくなるため、良い意味で追い立てられていてとても充実していると思う。体育や英語の授業でも、新しい友達ができ、共通の趣味がある友人も見つけることができた。お互いの宿舎に遊びに行ったり、一緒にご飯を食べたり、好きな歌手のコンサートのDVDを見ることもできた。まだまだ話したことがない人も多いため、どんどん輪を広げていけたらいいと思う。

児童文庫館

中国(杉達大学)協定派遣留学生より1 派遣留学生の声:中国

2015年04月30日 

2015年3月より中国の上海杉達学院大学に協定留学している学生より、現地での生活について報告書が届きました。

留学に来て2ヶ月が経ちました。来た頃に比べて、いろいろなことがわかるようになってきました。電車やバスなどの交通機関の利用方法、スーパーや飲食店での買い物の仕方など今ではスムーズにできるようになりました。また、季節も冬の寒さから春の暖かさとなりところどころで花が多く見られます。
 今月は大学の先生方に上海市内の「嘉定」に連れていってもらいました。「藤公園」と「古漪园」に訪れましたが、両方とも園内にたくさん花が咲いており、春の訪れを感じます。たくさんの花が咲いていましたが、その中でも牡丹の花がとても綺麗です。藤公園での藤の花は日本のものより香りがあり、同じ花でも少し違うのだという発見がありました。

中国(杉達大学)協定派遣留学生より1の続きを読む

藤公園にて

中国(杉達大学)協定留学生より 2 派遣留学生の声:中国

2015年04月07日 

2015年3月より2016年1月までの予定で、中国の杉達大学に協定留学している学生より報告書が届きました。

協定留学生1
杉達学院大学で留学生活を始めて一ヶ月が経過し、こちらの生活にもだいぶ慣れてきた。この一ヶ月で、私はあえて辛い環境に自身を置くことが大切であるということを学んだ。

生活面では、寝室に以前の留学生が残していった家具や日用品などがあるため非常に快適な生活を送ることができている。おそらく実家の私の部屋よりも広くて綺麗だと思う。去年短期で杉達学院大学へ来たことがあるということもあり、お風呂やトイレの使い方、洗濯の仕方なども特に問題なくできている。給水機のタンクの水がなくなったり、空調がうまく効かなくなったりしたときなどの困った時には、常に駐在している守衛さんに助けてもらっている。また、私が住んでいる寮の一階にはランニングマシンがあり、好きな時間に走ることができるため、運動不足も解消された。中国は美味しい食べ物が本当にたくさんあり、食べてばかりいると不健康になってしまう。キャンパスにはテニスコートやバスケットコート、卓球場やバトミントンコートなどもあるので、これからも適度に運動をしようと思う。

中国(杉達大学)協定留学生より 2の続きを読む

中国(杉達大学)協定留学生より1 派遣留学生の声:中国

2015年04月07日 

2014年2月より2015年1月まで中国の杉達大学に協定留学していた学生より、約1年間の留学生活をまとめた報告書が届きました。

 

私は2014年2月~2015年1月まで恵泉女学園大学の協定校である、上海の東の方に位置する杉達大学に約1年間留学をしていた。留学の目的は、まず1年生の頃に第2言語で中国語を専攻し、2年生のゼミで日中の歴史、経済を学び中国に関して親近感があったからである。その他にも現在日中関係が良好とは言えない中でも、多くの日系企業が中国市場をターゲットとしていることが事実である。そこで私は将来ビジネスを行う上で、英語の次に中国語は大事な言語であると考え、現地に行きネイティブの中国語を学びたいと思い、今回の上海留学を決意したのである。

中国(杉達大学)協定留学生より1の続きを読む

韓国(新羅大学)協定留学生より2 派遣留学生の声:韓国

2015年04月07日 

韓国留学に来て1ヶ月が経った。生活面にさらに慣れてくると同時に、授業のやり方や勉強の仕方にも慣れてきた気がする。授業をするクラスでは、中国人が多く、始めはコミュニケーションが取れるか心配だったが、最近は共通語である韓国語を使って喋ることが出来るようになってきた。正規授業ではなく、TOPIKの授業では、中国人やインドネシア人、ベトナム、ウズベキスタン人などグローバルなクラスだ。ここでも共通語が韓国語なため、授業で学んだことがそのまま生かすことの出来る場所だ。

正規の授業もTOPIKの授業もとても楽しい。大学3、4年生で行ったソウルの聖公会大学よりも先生が一人一人に合った授業を取り入れてくれる。1ヶ月も経つと、単語数や難しい文法も増えて来るが、韓国語の文法を韓国語で理解出来るのは、先生方が生徒に合った授業をしてくださるからだと思う。また、正規やTOPIKの授業以外に新羅大学の日本語教育の学生が受講する「日本文化」の授業も取っている。全て韓国語で授業が進められるため、理解するのが大変だが、韓国から見た日本を理解することが出来るのでとても刺激的だ。その授業には、仲良くなった1年生の韓国人の子たちも大勢いるので、友達に会うという面でも毎週楽しみにしている授業だ。

韓国(新羅大学)協定留学生より2の続きを読む

  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 恵泉祭
  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 恵泉祭
upBtn