国際交流いろいろ日記

国際交流/国際感覚を養うためには、いろいろな手段があります。 海外に留学することもそうだけど、学内で学ぶ留学生と交流することもその一つ。 異文化の中で生活をするということに、驚き戸惑いながらも成長してゆく学生のリアルな声や学内でのいろいろな国際交流をご紹介いたします。

フランス(ソルボンヌ大学)に留学している学生から現地レポートが届きました。 派遣留学生の声:フランス

2015年11月10日 

フランスに来て1ヵ月が立ちました。フランス語が全く話せなく、英語もそれほど得意ではない私も一カ月をへて、自分の今の英語のレベルと同じくらいには話せるようになりました。 フランスはどんな所かと聞かれたら、フランスは東京に似ていると答えます。電車の本数も多く、バスがよく走っています。国際的で、色んな人が忙しく街を歩いています。

フランスに来てまず感じたことは、フランス人は優しいということです。飛行機から降り、荷物を受け取るまで沢山の日本人と会いましたが、ほとんどの人が誰かと来ていて、「自分は一人なのだ」と強く感じさせられました。一人でやっていけるか不安に思いながらも重いスーツケースをワゴンに詰めていると一人の警備員らしき人が「手伝いましょうか?」と言ってスーツケースをワゴンに詰めてくれました。私はそのことがすごく嬉しく感じました。フランスで出会う日本人の8割は自分にとって冷たく感じる人が多いですが、現地のフランス人は警備員らしき人を始め、カフェの人や美術館の人、メトロに乗っている人、そしてホストファミリーの人、その周りで出会う人は優しい人が多いです。

フランス(ソルボンヌ大学)に留学している学生から現地レポートが届きました。の続きを読む

ルーブル美術館

タイパヤップ大学に短期(半年)留学している学生より現地レポートが届きました 派遣留学生の声:タイ

2015年11月10日 

よく秋は食欲、芸術、読書の秋と言いますが私の今年の秋は授業の秋でした。 タイ語1の授業が修了し、20問のタイ語テストがありました。これは会話によるテストで授業中に配られたプリントやノートをよく見返してテストを受けました。

なぜ私が今年の秋は授業の秋であると思ったかには、このテストを受けた時に先生が発した一言によります。それは先生が別で受け持っているクラスの生徒役をして欲しいとの依頼でした。先生は私たちのクラス全員に同じように声をかけ、将来タイ語の先生になる人たちの練習のお手伝いを依頼しました。

決められた期間中に合計10時間、決められた先生(*将来先生となる学生さん)から個別でタイ語を教わりますが、私は途中で先生が変わり、2人の先生にお世話になりました。私は適度に1時間~2時間、時間を組んでもらい、自分が履修している授業のおさらいと自分のわからないところを聞く時間にしました。私の文法が違う時、先生は英語に直して教えてくれましたが、タイ語の文法は英語よりだなとつくづく思いました。

タイパヤップ大学に短期(半年)留学している学生より現地レポートが届きましたの続きを読む

アイルランド ・ダブリンシティ大学に語学留学している学生から現地報告レポートが届きました。 派遣留学生の声:アイルランド

2015年11月10日 

10月になり木々の葉が鮮やかに色づいています。こちらへ来てから二ヶ月が経ちました。成田空港を飛び立ったのがつい最近のことのように感じられ、月日の流れる早さに驚きを隠せません。

今月の一大行事と言えば、なんといってもハロウィンです。月が替わってからというもの、街はハロウィンを連想させる橙色や黒色で染まり、私を含め多くの留学生が本場のハロウィンを目前に胸を高鳴らせていました。

私のクラスでは、授業の時間にハロウィンに関連したお話を読み、国ごとに違うハロウィンの過ごし方や母国で一般的に語られる幽霊の存在について討論を重ねました。韓国人の友人達の間では「リングの貞子」と「呪怨の俊雄」の知名度が高かったです。

アイルランド ・ダブリンシティ大学に語学留学している学生から現地報告レポートが届きました。の続きを読む

アイルランド ダブリンシティ①

ニュージーランドのオークランド大学に留学している学生から現地報告 派遣留学生の声:ニュージーランド

2015年11月10日 

11月に入り気温が20度前後と、とても過ごしやすい季節になりました。オークランドでの生活も2か月が過ぎました。ハロウィンの時期なのですが、桜の木にかぼちゃが並んでいるという組み合わせを見ました。

写真フォルダを見返して10月を振り返ってみると、色々なことがありましたが、私の中での一番の出来事は、オールブラックス優勝です。朝4時半に起きて、近所の家の大きな画面で観戦していました。マザーや近所の方はしっかりオールブラックスの洋服を着ていて、ラグビーへの愛がとても伝わります。そして、優勝パレードにも行ってきました。目の前に選手が通り、サインを貰うことが出来ました。記者の方に「誰にサインをもらったの?」と聞かれましたが、「一人しかわからない。」と答えると苦笑いされました。しかし、とても貴重な経験が出来たと思います。

ニュージーランドのオークランド大学に留学している学生から現地報告の続きを読む

NZオークランド大学①

アイルランド ダブリンシティ大学に語学留学している学生から現地報告レポートが届きました。 派遣留学生の声:アイルランド

2015年10月10日 

頬を打つ風がすっかり冷たくなり、日増しに秋の深まりを感じます。「聖人と学者の島」と言われるアイルランドの地に降り立ってから、早一ヶ月が過ぎました。待ち望んだ留学生活は変化に富んでおり、忙しくも充実した日々を送っています。

私は着いた当初よりホームステイをしています。滞在先は学校から徒歩10分ほどの場所に位置しており、保育所勤めのホストマザーと26歳のホストブラザーとSilkという意味の名前を持つ猫一匹と一緒に生活しています。ホームステイで気になることといえば、ハウスルールとホストファミリーとの相性ですが、幸いなことに私はすてきなホストファミリーと出会うことができたので、その点については一安心しています。これから10ヶ月の間こちらの家庭でお世話になるので、ハウスルールを遵守しつつ楽しく過ごせたらと思います。

アイルランド ダブリンシティ大学に語学留学している学生から現地報告レポートが届きました。の続きを読む

  • オープンキャンパス
  • 海外留学
  • 『生涯就業力』を育んだ私の歩み
  • 「生涯就業力」を磨く
  • オープンキャンパス
  • 海外留学
  • 『生涯就業力』を育んだ私の歩み
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn