日本語日本文化学科

日本語演習ゼミ紹介 日本語日本文化学科

2010年08月02日
 投稿者:平山 志保香
 ゼミ/授業名:日本語演習ゼミ

川井ゼミは、日本語教員を志している3年生のゼミです。
14名の中に留学生が4人います。
川井ゼミは、外国人のための『日本語の教科書』を分析し、教科書の足りない部分、 たとえば、文法事項の導入と多様化する日本語学習者のための運用練習の教材を各々が自作し、発表(実演?)していきます。

日本語演習ゼミ紹介の続きを読む

ほんとに消毒液が出ました(笑)

「日本事情」(留学生対象) 日本語日本文化学科

2010年01月20日
 投稿者:武田 知子
 ゼミ/授業名:日本事情

「日本人はなぜ『すみません』というのか」「大学生とブランド品」「『まもなく』と『すぐ』の違い」「『かわいい』ということばの使いかた」「男女の仕事と役割」「夫婦同姓?別姓?」・・・。これらは留学生が授業の中で調査、発表したテーマです。

「日本事情」(留学生対象)の続きを読む

調査準備

書きたい人、この指とまれ! 日本語日本文化学科

2010年01月01日
 投稿者:吉羽美佳 藤巻結香 野田あづみ (日本語日本文化学科4年)
 ゼミ/授業名:文芸創作

この授業では、作家である姜信子先生の指導のもと、オリジナル作品を書きます。

二人一組ペアを組み、対話を重ねて、自分を開き、相手を開いてゆくことで、自己完結しない作品作りを目指します。最終的には、出来上がった作品を印刷、製本し、作品集として、学科の先生方はもちろん、出版社の編集者の方々にも読んでいただきます。いくつかの書店にも置いていただきます。
オリジナルの作品を書くという産みの苦しみはありますが、本が完成したときの喜びはひとしおです。

書きたい人、この指とまれ!の続きを読む

ゼミ紹介(動画つき) 日本語日本文化学科

2009年12月25日
 投稿者:武田 徹
 ゼミ/授業名:日本文化史演習Ⅲ(メディアと社会)

ゼミリレーということですが、一回目なのでゼミ紹介を担当教員からします。

うちのゼミは「日本文化史演習 III(メディアと社会)」と題されています。そのココロは、といえば、マスメディアが普及した現代社会において、政治、経済、文化の全てはメディアとの関わりを視野に入れて議論する必要がある。たとえばテレビで田原総一朗や古館伊知郎を前に、いかにうまく自分をアピールできるかどうかが政治家生命を決めますし、ケータイで配信されることで、いかに小説が、その姿と内容を変えざるをえなかったか、それを視野に入れずには、現代小説のリアルな部分は論じられません(言うまでもないことですが、これはケータイ小説が好きか嫌いかとはまったく別の話です)。

ゼミ紹介(動画つき)の続きを読む

皆 納得!知らなかった日本語 日本語日本文化学科

2009年12月18日
 投稿者:安見真実子(日本語日本文化学科3年)
 ゼミ/授業名:日本語課題演習I

日本語課題演習 Iの3年ゼミは、『ケーススタディ 日本語のバラエティ』という教材に沿って、様々な日本語を学んでいます。

皆 納得!知らなかった日本語の続きを読む