2016年12月

拙著『母性の研究』の新装版刊行について

2016年12月19日

本日は今週、刊行の運びとなる拙著『新装版 母性の研究』についての報告です。

原著『母性の研究』(1988年)は、1985年にお茶の水女子大学から学術博士号を授与された博士論文をそのまま上梓したものですが、副題に「その形成と変容の過程:伝統的母性観への反証」とあるように、近代以降の日本社会の隅々に根深く存在してきた母性観への問題提起の書です。

拙著『母性の研究』の新装版刊行についての続きを読む

卒論シーズン終了!!

2016年12月12日

本学は学士課程の修了要件として、学生全員に卒業論文(卒業制作)を必修としています。12月7日(水)・8日(木)の2日間が、その提出日でした。
次々に学生たちが訪れ、着々と提出物が積み上げられていくのは、提出場所となっている大会議室の毎年、恒例の光景です。

卒論提出光景

提出された卒論

卒論シーズン終了!!の続きを読む

待つことは信じること~アドベントのときを迎えて

2016年12月05日

キャンパスはアドベントに包まれて

11月27日からアドベントadvent の週に入り、チャペルや構内はアドベント色に彩られ始めました。

  • チャペル
  • チャペル
  • クリスマスツリー
  • 構内渡り廊下

アドベントとは、「キリストの降誕を待ち望むクリスマスの準備期間」という意味です。クリスマスツリー点火式の礼拝で、キリスト教センターの宇野緑先生から「待つことは、信じることです」というメッセージをいただきました。
キリストの降誕を信じて待つ意味の解説から、広く私たちの暮らしの全般に及んでのメッセージに、いろいろなことが心に浮かんできました。

待つことは信じること~アドベントのときを迎えての続きを読む

upBtn