タイ・チェンマイからの手紙 「長期フィールドスタディ」体験記

恵泉女学園大学では、日本や外国を理解する際に、机上の知識だけでは学び取ることのできない人間的な理解こそ必要だと考えています。恵泉女学園大学では国外現地授業として、約5ヶ月間タイで実施される長期フィールドスタディが用意されており、今も、多くの学生が現地で学んでいます。そんな様子を学生の皆さんが現地からレポートいたします。

第2期体験学習の学び(児童養護施設 BAAN MITRATORN)

2018年11月13日  投稿者:国際社会学科3年 井原美波

10月8日から25日までの18日間、児童養護施設のBAAN MITRATORNで第2期体験学習を行いました。今回はこの期間に学んだことについて書いていこうと思います。

第2期体験学習の学び(児童養護施設 BAAN MITRATORN)の続きを読む

タイ語のブラッシュアップ授業

2018年11月06日  投稿者:国際社会学科3年 根岸幸子

第2期体験学習が終わり、中間報告会も行われました。そして第3期体験学習に向けての準備期間として、体験学習テーマに関する質問の作成や資料の読み込みの合間に、タイ語のブラッシュアップ授業を3日間(10時間)行いました。

タイ語のブラッシュアップ授業の続きを読む

第2期体験学習中間報告会

2018年10月29日  投稿者:国際社会学科3年 井原美波

10月28日に第2期体験学習中間報告会が行われました。今回は、学生、押山先生、体験学習をサポートして下さるタイNGOのスタッフ2人に加え、第7期長期タイFS参加者で恵泉の職員でもある波多さんが来チェンマイし、参加してくださいました。

第2期体験学習の課題は、それぞれの体験学習テーマについて理解するための情報収集でした。報告会では収集した具体的な情報で、体験学習テーマについてわかったことを発表しアドバイスをいただき、第3期体験学習で更に考察しなければならない点を明確にしました。

第2期体験学習中間報告会の続きを読む

第1期体験学習の学び~メーターオーガニックグループ~

2018年10月23日  投稿者:国際社会学科3年 根岸幸子

先日12日間にわたって行われた第1期体験学習を終え、チェンマイに戻り、中間報告会を行いました。今回、第1期体験学習を通して考えたことや学んだことをお話ししたいと思います。

私はチェンマイ市街地から車で約1時間の距離にあるチェンマイ県メーオン郡メーター区で体験学習を行っています。メーター区は7つの村で構成された1,540世帯、人口4,748人の区です。私はその7つの村の一つであるバーノート村の有機農家の家でお世話になっています。

第1期体験学習の学び~メーターオーガニックグループ~の続きを読む

第1期体験学習の学び(BAAN MITRATORN)

2018年10月15日  投稿者:国際社会学科3年 井原美波

9月23日から10月3日まで、児童養護施設のBAAN MITRATORNで第1期体験学習を行いました。第1期は約10日間という短い期間ではありましたが、体験学習先でお世話になる方々との人間関係構築や施設の概要を押さえるなど、自分の関心のテーマに沿った学びを進めていくためにも非常に大切な期間でした。今回のブログでは、この期間に私が感じたこと、学んだことを書いていこうと思います。

第1期体験学習の学び(BAAN MITRATORN)の続きを読む

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 

  • オープンキャンパス
  • 海外留学
  • 『生涯就業力』を育んだ私の歩み
  • 「生涯就業力」を磨く
  • オープンキャンパス
  • 海外留学
  • 『生涯就業力』を育んだ私の歩み
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn