海外研修プログラム参加者の声

フィリピン英語研修参加生より 海外研修プログラム参加者の声

2015年03月13日 

2015年2月8日から始まった約1ヶ月間のフィリピン語学研修も、3/16の帰国が迫ってきており、終盤に差し掛かっています。

参加者1
フィリピン英語研修も残すところ1週間となりました。生活に慣れてきたためか、1週間が経つのが早くなってきました。
前回の報告書からの2週間の間に大きく変化したことはルームメイトが韓国に帰国してしまったことです。自分たちが寮に入ってきた時にいた韓国人学生は殆どが帰国してしまった為、現在では韓国人よりも日本人が多くて不思議な感覚です。今まではが韓国語または英語を多く聞いていたのに、それが数日間の間に日本語を聞くことが多くなりました。しかし、私のルームメイトが帰国してから数日後には、また新たに数名の韓国人学生が入寮してきました。彼らは1学期分の4か月をここで過ごすそうです。

フィリピン英語研修参加生よりの続きを読む

フィリピン英語研修参加生より 海外研修プログラム参加者の声

2015年03月01日 

2015年2月8日からフィリピン語学研修に行っている学生より、中途報告が来ました。日本とは異なる環境ながら、毎日の授業に課外活動にと、充実した毎日を送っているようです。

参加者1
研修も残り2週間となり、2週間後には日本に帰国してしまうのが名残惜しいくらい、私は、濃密な時間を過ごしています。英語を使ったコミュニケーションはまだ拙いですが、渡航初日と比べると、自分から積極的に話せるようになったと感じます。先生たちにバコロドでのお勧めの場所を聞いて、地図を描いてもらったり、お店の名前をノートに書き留めたりしています。基本的に、週末には先生がお勧めしてくれた場所に行って、後でその感想も伝えていることもあり、先生たちは嫌な顔もせず、積極的に思い出作りを手伝ってくれます。先週は、先生も強く勧めていた、チャイニーズ・ニューイヤーという中国人生誕祭のパレードを見にいきました。場所は、寮から少し離れたラクソンストリートという様々な店が立ち並ぶ繁華街です。目的地に着くまでも、着いてからも一苦労でしたが、その分パレードが始まるまで見物客の人と話したり、お土産を探しに、道行く人にお店を聞いたりしたので、待ち時間も楽しかったです。パレードはとても華やかで、目の前で小道具を振って、とてもダイナミックでした。

パレード終了後も通りは賑わいを見せ、多くの露店が飲み物や焼き鳥などを販売し、まさにお祭りという雰囲気を醸し出していました。私は露店で販売している食品は買いませんでしたが、通りで会った人にお勧めされたレストランで夕食もすませ、とても充実した1日を過ごしました。 私は、辛い食事が苦手なので、最近は寮ではなく、大学内のフードコートやカフェテリアで朝食や夕食をとっています。そのおかげか、校内の食事処には少し詳しくなりました。例えば、校内のカフェテリアでは、サンドイッチやハンバーガなどの一般的な食事だけでなく、コリアンヌードルや親子丼など少し変り種な料理も注文することができます。しっかり作ってあり、フードコートに比べると割高ですが、とても美味しいです。行きつけのカフェテリアなので、店員さんにも名前で呼んでもらえる関係になりました。

食事のことももちろんですが、残り少ない時間でもっと多くの友人を作り、現地の人々と積極的に交流して、より多くの思い出を作りたいと思います。そのために、発音の練習や単語の学習を積極的に行っていきます。

フィリピン英語研修参加生よりの続きを読む

英国研修参加生より 海外研修プログラム参加者の声

2015年02月22日 

2015年2月1日からにイギリスに語学研修に行っている学生より、研修終了を目前に控え、日々を振り返った心境を記した報告書が届きました。

参加者1
今日は学校最終日でした。約3週間の英国文化研修が終わろうとしています。今日は朝起きた時からそわそわしていて、いよいよ今日で学校も終わりだと思いながらも、いつも通り朝食を食べ、学校に行く支度をして家を出ました。金曜日ということもあって、授業の最初に「today is friday!!!!」という先生の掛け声で授業が始まりました。そして、いつも通り2コマの授業が終わり、ついに学校が終わったと思っていたら、教室の外に呼ばれ、プチ卒業式が行われました。今日で最後の留学生たちのためだけに行なわれたプチ卒業式は、とても先生たちの愛が感じられて嬉しかったです。1人1人名前が呼ばれて賞状が渡されて、すごく短い期間でしたが、頑張った甲斐があったなと感じました。でもやはり、別れは1番悲しいと思いました。お世話になった先生方に挨拶をし、写真を撮ることができて、とてもいい思い出になりました。それぞれ自分の国に帰ってしまう留学生たちとも写真をたくさん撮り、最後の別れを惜しみました。

この貴重な3週間で、たくさんの事を学びました。イギリスへの短期留学にお金を出してくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいです。これから自分がこの先何がしたいのか、何を学びたいのかなどを考えるきっかけで、将来に少し近づけたような気がしました。今日はホストファミリーとの時間を大切にしたいと思います。

英国研修参加生よりの続きを読む

フィリピン英語研修参加生より 海外研修プログラム参加者の声

2015年02月20日 

2015年2月8日から約1ヶ月のフィリピン語学研修が始まり、早速、参加学生より報告が来ました。

参加者1
フィリピンに来てもう1週間が経とうとしています。初日から水曜日までは生活と授業に慣れるために時間が経つのが長く感じましたが、木曜日以降は1日が過ぎるのがとても早く感じるようになりました。

研修初日は飛行機の初めての乗り換えで緊張しましたが、引率の先生が一緒だったので、無事フィリピンへ入国することが出来ました。しかし、マニラ空港からバコロド島までの飛行機が1時間遅刻し、予想以上に疲れが出ました。空港に到着すると日本とは異なる雰囲気、気候に圧倒されました。寮までの車での移動中は、舗装されてない道で真っ暗闇を歩く人々という、日本では見られない光景がそこには広がっていました。

部屋割りでは、同じ年の韓国人と一緒になりました。とても気さくで優しく、ルームメイトになれて良かったと感じました。彼女は韓国人なので、韓国語の勉強にもなります。私たちはなるべく英語を使い、分からないところを韓国語で話すので、部屋の中では全く日本語を話さない良い環境になっています。また、彼女から友人を紹介され、徐々に韓国人との交流の輪が増えていっており、嬉しく思います。

フィリピン英語研修参加生よりの続きを読む

英国研修参加生より 海外研修プログラム参加者の声

2015年02月19日 

海外研修プログラム参加者の声

2015年2月1日からにイギリスに語学研修に行っている学生より、中途報告が来ました。授業が充実していることはもちろん、様々な場所を積極的に訪れて楽しんでいるようです。

参加者1
英国研修も2週間が経とうとしています。初日の授業で英語ばかりが飛び交う中、とても困惑したことが嘘のように、耳は大分慣れてきました。授業の内容は理解出来るものの、自分の伝えたいことがすんなり出てこないことに、もどかしさを感じています。しかしこちらにいると、自ら英語を話すことが日常に不可欠な為、とても良い経験をしていると日々実感しています。
前回の報告の後から、オックスフォード、ロンドン、グロスターと、様々な地を訪れました。特に、オックスフォードとグロスターにある建造物は歴史が深いものが多く、とても神秘的でした。グロスターでは、かの有名なグロスター大聖堂と、ピーターラビットのお話に出てくる、「グロスターの仕立屋さん」の舞台になった場所へ訪れました。大聖堂の回廊は荘厳で、圧倒されました。ロンドンへ行った時は、イギリスでは珍しい気持ちいい晴天で、ビッグベンやロンドンアイをとても美しく撮影することができました。
明日はバースへ行く予定です。まだ見たことのない物や、知らないことを発見できそうで楽しみです。

英国研修参加生よりの続きを読む

 1 2 3 4 5 6 7 8 

  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn