タイでの生活、食事

2014年10月22日  投稿者:江藤あゆみ(国際社会学科2年)

今回はタイでの生活、食事について紹介します。タイ語の授業がある日は朝10時から授業があり、2時間授業をしたあとにチェンマイ大学教育学部の食堂でお昼ご飯を食べます。1食20バーツ(日本円で約60円)でおいしいごはんが食べられます。私は学食ではカオマンガイという鶏肉がのったごはんをよく食べます。授業が終わると私たちが寝泊まりをしているユニサーブに帰り、タイ語の復習をしたり勉強を教え合ったりしています。

みんなでタイ料理を食べに行ったり日本料理を食べにデパートに行ったりすることもあります。私が好きなごはん屋さんはSPチキンというチキンをメインに扱っているお店で、鶏をカウニャオ(もち米)で食べるのが好きです。休日は市場に買い物に行ったり、カフェでお茶をしたり、お寺巡りをしたり充実した日々を過ごしています。

今月からはメンバーそれぞれの体験学習が始まり、1人ずつ自分のテーマについて学ぶことになります。みんなとは離れて生活することになりますが、たくさん成長して帰ってきたいと思います。

  • オープンキャンパス
  • 海外留学
  • 『生涯就業力』を育んだ私の歩み
  • 「生涯就業力」を磨く
  • オープンキャンパス
  • 海外留学
  • 『生涯就業力』を育んだ私の歩み
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn