恵泉ディクショナリー

広場歴史文化学科

[ひろば]  Square

広場とは

空き地から整備された公園まで、広場もさまざまである。人や車が行き来するための道路とちがって、一時的に滞留することができるのが広場だ。人が一時とどまるから、遊び場にしたり、商売を営んだりするには、格好の場所である。

ところで、ロンドンには「スクェア」と呼ばれる広場がある。地図を開けば、「レスター・スクェア」「トラファルガー・スクェア」「ラッセル・スクェア」など、いろいろな広場を見つけることができる。スクェアというだけあって、四角形である。あまり広くはなく、数十軒の住宅が取り囲むのを基本とする。

「スクェア」という名が付いていないものもある。「コヴェント・ガーデン」はそのひとつ。スクェアのなかでもとりわけ早く、17世紀前半に造られた。もともと修道院(コヴェント)があったのだが、イタリアのピアッツァを手本にして広場へと生まれ変わった。そのため、当初は異国情緒タップリだった。

コヴェント・ガーデンは、かつて二つの顔を持った。早朝は青果市場、夜はオペラ劇場である。庶民と貴族が交差する場所だったからか、オードリー・ヘップバーン主演の映画『マイ・フェア・レディー』の冒頭で、イライザという花売り娘がヒギンズという紳士と出会う場面に用いられた。今日、コヴェント・ガーデンはマーケットとなっていて、人々が行き交う賑やかな広場である。

2010年01月25日 筆者: 高濱俊幸  筆者プロフィール(教員紹介)

ハ行

upBtn