恵泉ディクショナリー

規模の利益国際社会学科

[きぼのりえき] 

規模の利益とは

規模の利益(規模の経済)
製品の単位あたりの費用が、工場あるいは企業の規模の拡大に伴って低下していく関係をいう。大量生産の利益。規模の利益が大きい産業(鉄鋼、化学など)では大規模企業が有利であり、企業集中が発生する。他方、軽工業では規模の利益は小さい。

2011年12月08日 筆者: 坂井 誠  筆者プロフィール(教員紹介)

カ行

upBtn