恵泉ディクショナリー

川柳コンテスト日本語日本文化学科

[せんりゅうこんてすと] 

川柳コンテストとは

春の学園祭・スプリングフェスティバルでは、2008年から「ケータイ川柳コンテスト」を開催しています。世相を風刺したり硬直した発想を笑い飛ばしたりするのが、575の音数律で出来た川柳です。決められた題に即してオリジナルの川柳を作り、ケータイを使って投稿しましょう。ゲスト審査員として学外から著名な文学者をお招きし、学内の教員の審査員とともに優秀作を選抜します。集った川柳の公開審査をフェスティバル当日に行ないます。入選作には商品券や図書券などの賞品が贈られます。川柳作りは、批評精神を磨き、現代社会への関心を広めるもの。もちろん言葉感覚が試される場でもあります。このコンテスト、誰でも応募できますよ。

2010年04月09日 筆者: 林 浩平  筆者プロフィール(教員紹介)

サ行

upBtn