学生からの声

植物に関する専門知識と実践的技術をバランスよく習得


社会園芸学科3年(学年は取材当時)

私は将来花に携われる職業に就きたいと大学選びをしました。社会園芸学科は、実践に重きをおいた授業が豊富にあることと、園芸分野の専門知識が学べる点で、私の将来の目的を実現できると確信し入学しました。入学後、花の栽培と花壇づくり、有機農業の現状や環境破壊とその対策などについて学びました。また、恵泉園芸センターのフラワースクールも受講し、花に関わる実践的な技術を培いました。その結果、花という漫然とした分野が具体的に整理され、今後は、園芸のもつ、今日の日本への貢献と可能性に着目し、花に関する学びを専門的に深めていこうと考えています。

upBtn