3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

学科の教育課程で定める授業科目を履修し、基準となる単位数を取得し、社会園芸学科の人材養成目的を踏まえた以下の知識・能力を身につけた者に「学士(人間社会学)」の学位を授与する。

  1. 園芸学、心理学の領域に関する専門的知識が身に付いている。
  2. 園芸学、心理学に関連する研究技法を修得し、データに基づいた分析と批判的思考とを繰り返しつつ、人と人との関係において生ずるさまざまな課題を発見し、それを解決する能力が身についている。
  3. 実践的な学びを通じて、人々の多様性を認め合う価値観を有し、他者との連携の重要性を理解しつつ、ともに活かし合える能力が身についている。
  4. 園芸学、心理学の切り口から、人と人との関係において発生する諸問題に対し、新しい人間環境や地域社会の可能性を見いだし、自ら試みることができる。

カリキュラム・ポリシー

社会園芸学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた知識・技能などを修得させるために、次のような方針でカリキュラムを編成している。

  1. 1年次から開講される教養基礎演習ⅠⅡ(ゼミ)、より専門的で実践的な基盤を形成するための2年ゼミ、さらには卒業研究へと展開する3、4年ゼミをすべて必修で配置し、少人数で学生が主体的に学びあう参加型の授業を行う。また、大学・学部の共通科目による幅広い科目群の履修に加えて、園芸学、心理学に関連する専門基礎科目を1年次から配置し、より目的意識を持った学びを促しつつ、2年次以降の専門科目群へと繋げ、一貫した専門的知的能力の向上を図る。
  2. 園芸学、心理学という2つの異なる専門性を統合するための学科必修科目を配置するとともに、冷静に事態を対象化して適切なデータ収集、分析ができる能力を促進するため、統計手法による分析の考え方を学ぶ。これにより、課題発見と問題解決能力の向上を図る。
  3. 専門的な基礎知識と情報分析力によって導かれた「人と人との豊かな関係を構築する」うえでの問題提起とその解決に向けた実践力を形成するために、3年次からはより専門性に重点を置いた5つの履修コースを配置する【2つの社会園芸学科コース(「園芸文化」「心理」)及び3つの多文化オープンコース(「歴史・文化」「メディア社会」「地域貢献」)】。また、学内はもとより学外の人々とも積極的に係わり協働して活動する実践的な演習、実習科目を配置する。これらのコースでの学び、演習や実習を通じて、我が事として社会の仕組みを理解するとともに、多様な人々との係わり(コミュニケーション)の中で自らを活かす対人的な態度と能力を身につける。
  4. 園芸学、心理学あるいはその両方の学問領域の視点に基づき、問題を発見し、その解決に向けて情報を収集・分析し、さらに自らの考えをとりまとめ、社会に対して提案・発信できる力を養成するために、最終課題として卒業論文の執筆を必修とする。

アドミッション・ポリシー

本学科の学びの内容を理解し、次のような目的意識や意欲をもった学生を求める。

  1. 地域や家庭など身近な社会において人と人との関係が希薄になりつつある現代社会の問題に関心があり、園芸学、心理学を学ぶことでその情況を改善したいという想いがあること。
  2. 他者に関心を向けて、共感的に理解できること。
  3. 自らを省みて、自分の行動を適切に律することができること。

入学者選抜においては、受験生が身につけた能力を幅広く評価するために、以下のような入学試験を行っている。

  1. 「一般入試」においては、本学独自の入学試験によって、高等学校等までに身につけた基礎的な学力、思考力、表現力を評価する。
  2. 「センター利用入試」においては、大学入試センター試験の成績によって基礎的な学力を評価し、合否を判定する。
  3. 「指定校推薦入試」においては、推薦指定校としている高等学校に大学から推薦の条件を示し、面接試験を通して本学で学ぶ意欲があることを確認している。
  4. 「AO入試」においては、模擬授業とレポートを通して基礎的な学習能力を評価するとともに、面接試験によって人物と学習意欲を判断し、合否を判定している。
  5. 上記の他「社会人入試」「編入学入試」「留学生入試」において、小論文と面接を通して基礎的な学習能力と学習意欲を評価し、合否の判定を行う。