恵泉ディクショナリー

チャペル歴史文化学科

[ちゃぺる]  chapel

チャペルとは

チャペルとは、キリスト教の礼拝をする場所です。黙とうをし讃美歌を歌い聖書を読み、宗教のお話を聞く為の建物です。毎日忙し過ぎて心を休めることのできない現代人にとって、こういうチャペルの存在はとても貴重です。オランダ製のパイプオルガンの音色とともに朝から歌が歌えるなんて、何とも贅沢なことですね。

しかし恵泉のチャペルは礼拝に用いるだけでなく、ゴスペルの練習、ハンドベル演奏、ピアノやオルガンの練習、クリスマスには生誕劇、そして結婚式、時には御葬式、とさまざまに用いられています。

この世の人間関係のわずらわしさにちょっと疲れた時、チャペルに来て神様と会話してみませんか、恵泉のチャペルへ。

2010年02月26日 筆者: 岩村太郎  筆者プロフィール(教員紹介)

タ行

upBtn