上海からの 第1報(中国語学研修) 海外研修プログラム参加者の声

2010年03月05日 投稿者: 中国語学研修参加者

こんにちは!!無事中国上海に着いてから4日が経ちました。
初日は周りの人が何を喋っているのか、先生が何を話しているのかもわからず、とても大変でした。しかし、最近は耳がだいぶ慣れてきて、なんとなくですが、先生が何を言っているのか、
次に何をして欲しいのかが少しずつわかるようになってきました。毎日覚えることがたくさんあって、大変ですが、5人で一生懸命、楽しく勉強しています。
(国際社会学科2年 Natsumi I.)

中国の食べ物はめちゃくちゃ安くてびっくりしました。学食で200円以上のものはないような気がします。安いから残しても全く気になりません。残すのを前提で食べている感じです。
授業を受けて、今までの自分の発音が間違っていたのだと気づかされました。巻き舌がとても難しいですがなんとかできるようにはなったと思います。
(国際社会学科2年 Mikiko S.)

中国に来て4日が経ちました。最初は慣れない環境に戸惑ってホームシックになったりもしましたが、上海での生活にも徐々に慣れてきました。朝は6時半に起きて、夜は12時前には寝るという、健康的な生活をしています。今までの自分の生活とは比べ物にならないです(笑)
授業は現地の先生2人に交代で授業をしていただいており、主に発音を丁寧に見ていただいています。最初は先生が何を言っているのか全然わかりませんでしたが、だんだん耳が慣れてきて、
ところどころ単語を拾えるようになったし、中国語でリアクションを取れるようにもなりました。
また、覚えた中国語を使って、学食で注文をしてみました。自分が言いたい事が相手に通じると、とても楽しいです!
(国際社会学科1年 Saeko I.)

杉達大学の門の前で

学食で注文の仕方も中国語の授業

  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 恵泉祭
  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 恵泉祭
upBtn