恵話会・KEES活動報告

KEES

KEESによる多摩市立南鶴牧小学校での外国語活動の実践

2016年08月12日

KEES「恵泉英語教育研究会(Keisen English Education Society )」のメンバーが、6月29日、7月6日、7月13日に多摩市立南鶴牧小学校4年生のクラスを訪問し、担任の先生のご協力を仰ぎながら外国語活動の実践を行いました。授業はすべて英語で行い、ウォームアップでは「出席番号ゲーム」(自分の出席番号が聞こえたら座っていくゲーム)や"ABC"ソングを歌ったのち、『WORD BOOK』を用いて、英語のヒントを聞きながらページを当てるゲームや、動物の特徴を英語で聞いて、動物を当てるguessing ゲームなどを楽しみました。英語での動物の名前に慣れたところで、今度は動物の絵が描かれたカードを使いながら、神経衰弱のように同じ動物の絵を当てていくMatching ゲームにも参加し、様々な英語の表現に慣れ親しみました。どの活動も子供達は積極的に参加してくれました。

外国語活動の実践に参加した学生の感想

  • 「今回の活動に参加して、子供達に教えることが楽しいと感じることができたし、初対面の人の前で話すことへの抵抗も若干なくなりました。子供達に教える際、どのようにしたら英語を分かってもらえるか、楽しんでもらえるかを考えるのは大変だったけれど、とても良い経験になった。」
  • 「どの活動に対しても子供たちは真剣に取り組んでくれていて、楽しんでいるのがこちらまで伝わってきた。子供達のそのような気持ちを感じ、私たちももっと楽しんでもらおうという意欲がわき、とてもやりがいのある活動になった。」
  • 「子供達の「そうゆうことか!」、「わかったぞ!」という声が聞けたのが私の中で一番心に残っているし、嬉しかった。そして子供達の無限にある可能性と力を改めて知ることができた」
  • 「初めはこちらが英語で尋ねても、子供たちは日本語で返してきたが、徐々に英語を使って答えてくれるようになり、こちらの熱意がちゃんと子供達に伝わっているということが分かり楽しく活動することができた。だからこそ、自分の発言や行動にもっと責任を持ち、子供達に正しい知識をつけてもらえるようにがんばりたいと思った」

多摩市立グリーンライブセンター『こどもまつり 2016』でのおはなし会の実施

2016年05月11日

本学「恵泉お話を語る会(恵話会)」のメンバーが、5月4日(水)に多摩市立グリーンライブセンターで行われた「こどもまつり2016」に参加し、10名ほどの子供達と一緒に、絵本の読み聞かせ、手遊び、工作を行いました。工作ではミニこいのぼりや、大きなこいにうろこを貼ったものを作成するなど、家族で楽しんでもらえる企画となりました。その他、オーガニックカフェでの無添加のコーヒー、クッキー、スコーンなどの販売、ガーデンに咲く草花を探すゲーム「この花なあに?」のコーナー、メイポールダンスの発表、多摩市文庫連絡協議会による、手遊びやエプロンシアターでのお話や紙芝居などもありました。

「おはなしの会」のプログラムは下記の通りです。

  • 特大絵本 『ぞうくんのさんぽ』
  • 絵本 『くれよんのくろくん』
  • 絵本 『10ぴきのかえる』
  • 手遊び 「カエルがかえる」
  • 絵本 『そらいろのたね』
  • 絵本 『えんそくバス』
  • 手遊び 「バスごっこ」
  • 絵本 『ティモシーとサラの絵本 1 チューリップのにわ』
  • 工作 「こいのぼりをつくろう!」

恵話会とKEESによる多摩市立図書館本館での読み聞かせ活動

2016年04月06日

本学「恵泉お話を語る会(恵話会)」と「恵泉英語教育研究会(KEES)」のメンバー5名が、3月27日(日)、11時40分より、多摩市立図書館本館にて「第8回 子ども読書まつり ほんともフェスタ」、「エンディングおはなし会」で活動を行いました。初めてのこども図書室おはなし室での活動となりました。8人程の乳幼児を含む子どもが参加してくれました。プログラム最後の「おおきなかぶ」のおはなしでは特大絵本を使い、かぶを抜くシーンでは会場の子どもの元気な参加がありました。プログラムは下記の通りです。

1. 『どうするジョージ!』
2. 英語の歌 "Old Macdonald Had a Farm E-I-E-I-O"
3. 『しろくまのパンツ』
4. 手遊び 1羽のニワトリ
5. 『ハリネズミのくるりん』
  6. 英語絵本 "Dear Zoo"
7.『パパ、お月さまとって!』
8. 『おおきなかぶ』

「タマキッズライブラリー」でのおはなし会

2016年02月17日

2月12日(金)に、恵話会 (恵泉お話を語る会)メンバー5名が、多摩センター駅近くにある「タマキッズライブラリー」(一般社団法人 多摩児童図書館)を訪問し、15組の親子たちに向けて40分間の活動を行いました。乳児が多かったものの、歌や手遊びを日本語・英語両方で楽しんでいただけました。
プログラムは下記の通りです。

1.『おおきなかぶ』
2.手遊び 『1羽のニワトリ』
3.『くれよんのくろくん』
4.英語絵本 "The Happy Day"
♪ "Oh, Happy Day"
5.『パパ、お月さまとって!』
♪きらきらぼし (童謡)
6.『どうするジョージ!』

学生の感想
いつもは私たちの読み聞かせや朗読、語りを聴いていただく形の活動ですが、今回の活動では、一緒に楽しむという事ができたように思います。聴いてくださる方との距離が近く、始まる前や合間、終わった後に聴いてくださった親子連れの方たちと交流することができました。小さな子にも分かってもらえるような読み方や絵本選びの勉強なりました。今後の活動にも活かしていきたいと思います。

(日本語日本文化学科2年生 石井 涼帆)

KEES (英語教育研究会)メンバーによる「こころ保育園」での英語活動

2016年02月04日

1月27日(火)に、KEES (英語教育研究会)1年生メンバー12名が、多摩市内にある「こころ保育園」を訪問し、年中・年長組、それぞれ15名近くの園児たちと「はずむ英語活動」をテーマに、絵本の読み聞かせ、ゲーム、歌を含む45分間の活動を2回行いました。英語活動を通した子供たちとの触れ合いを楽しみました。

プログラムは下記の通りです。
1. Hello Song
2. 英語の歌 "Old MacDonald" (「ゆかいな牧場」E-I-E-I-O)
3. 英語絵本 "Dear Zoo" by Rod Campbell (「動物園さま」)
4. 英語で踊ろう! "The Hokey Pokey"(「ホキー・ポキー・ダンス」)
5. 英語でゲーム "Let's Count!"(「数えてみよう!」
6. Good-bye Song

学生達の感想
「子供達の反応が想像以上に良かったので普段の練習でやっていたよりもよくできたと思う。年長と年中の雰囲気が違ったことに、はじめは戸惑いがあったが時間が経つにつれ慣れました。KEESメンバーも一人一人の個性を出せていて、それぞれ子供との触れ合いが違うなと思いました。」

「子供たちが、最初はポカンとしてしまっていたけれど、やっていくうちに段々と慣れてきて楽しく活動できて良かったと思います!最初は英語嫌だーっと言っていた子達も最後には楽しそうにしていたので、活動を通して英語を楽しんでもらえたことが良かったと思います。」

「練習ではなかなかスムーズにできず、本番前まで緊張していたのですが、子どもたちがとても元気で自然と笑顔になれました。発表中は緊張よりも、楽しもう!という気持ちでできました。」

「子どもたちの中には英語がわかる子もいれば、難しいしやりたくないという子もいたりしたけれど、英語をただの言語という形ではなくて遊びを通して知ってもらうことが出来て、私たちも含めみんなで楽しむことができました。」

「個人としては、後半は楽しんで自分から子供たちに接することが出来たけど、最初は緊張してあまり積極的に動けなかったので、最初から積極的に関わって行くべきだったと思いました。また、緊張して笑顔が少なくなってしまったけれど、笑顔はとても大切だと思いました。」

KEES (英語教育研究会)メンバーによる「こころ保育園」での英語活動の続きを読む

  • 「生涯就業力」を磨く
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn