ウルル/エアーズ・ロック―畏敬の念を起こさせ、信仰をめざめさせるもの(オーストラリア)

2013年07月22日

1985年、ウルル(当時エアーズ・ロックと呼ばれていた)はオーストラリア政府によってアナングの人々に返還された。アナングは、ようやくウルル・カタ・ジュタ国立公園の伝統的所有者と認定され、この巨大な砂岩の岩に対する彼らの伝統的な名称のウルルは、以前の名称であるエアーズ・ロックにとって代わることになった。近年は、名前を二重にして呼ばれている。この岩とそれを取り巻く地域は、驚くほど美しく、特殊な場所として存在している。そこから見られる景色は、平らな赤い大地の360度のパノラマであり、ウルルそのものと遠くのカタ・ジュタ(オルガ岩群)以外にはさえぎるものは何もない。空はこの平らな赤い風景を日中青いドームで覆う。夜には星をちりばめた奇跡となる。

ウルルを訪れることは、見ることであり、聞くことであり、感じることであり、学ぶこと、特にアナング文化の基礎であるチュコルパを学ぶことである。過去には、多くの人々にとって、ウルルを訪れることは岩に登ることであったが、そのような登頂の割合はかなり減った。アナングは、三つの理由で訪問者が登らないよう促している。

  1. 文化的理由―ウルルはアナングにとって信仰上非常に重要であること。
  2. 安全上の理由―上るのは実際のところかなり危険である。多くの人が亡くなったり、けがをしたりしてきた。
  3. 環境保全の理由―足跡や人間の重みが、損傷を与えたり、岩付近の水を汚染したりしてきた。

登る代わりに、岩の下やカタ・ジュタの周りには多くの遊歩道があり、チュコルパ、つまりドリームタイムや創造の物語について学ぶことができる。

以下は、ダシルバ先生の書かれた英語の原文です。

In 1985, Uluru (then called Ayers Rock) was handed back to the Anangu people by the Australian government. They were finally recognized as the traditional owners of Uluru-Kata Tjuta National Park, and their traditional name for this large sandstone rock, Uluru, replaced the old name, Ayers Rock. Currently, it is called by its dual name. The rock and the surrounding area is as stunningly beautiful, unique place. The view one has is a 360 degree panorama of flat red earth, interrupted only by Uluru itself and Kata Tjuta (the Olgas) in the distance. The sky provides a blue dome surrounding this flat red landscape during the day. At night, it is a star-studded wonder.
Visiting Uluru is about watching, listening, sensing, and learning, especially learning Tjukurpa, the foundation of Anangu culture. In the past, for many people, visiting Uluru was about climbing the rock, but the percentage of those climbing has decreased considerably. The Anangu respectfully ask that visitors do not climb for 3 main reasons:

  1. Cultural - Uluru has great spiritual importance for the Anangu.
  2. Safety - it is actually quite dangerous to climb. Many people have died or been injured.
  3. Environmental - footsteps and human waste has causes damage and pollution to the water around the rock.

Instead of climbing, there are many other walks around the base of the rock, as well as around Kata Tjuta, while learning Tjukurpa, stories of the Dreamtime or Creation.

Dexter Da Silvaデクスタ・ダ・シルバ(オーストラリアFS担当)

夕日に染まるウルル

奇妙な形をしたカタ・ジュタ(by Jorge Lascar)

  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 第2の人生へのスタートライン社会人入試のススメ
  • 「生涯就業力」を磨く
upBtn