韓国の聖公会大学に協定留学している学生からの報告書 1 派遣留学生の声:韓国

2015年06月29日 

2015年2月より2015年8月までの予定で、韓国の聖公会大学に協定留学している学生より報告書が届きました。

韓国(聖公会大学)留学生の声 1

韓国に留学に来て、約3か月がたった。私は6か月留学のため、韓国で生活するのは残りあと半分だ。3月から練習してきた日本語で演劇をするサークルも今週の水曜日から本番がスタートし、今日で最終公演を迎える。このサークルに入ったことで韓国人との交流も深まり、韓国語を話す機会も増えたので、このサークルに入ってよかったと思っている。公演が終わったらサークルのメンバーで集まることはないが、サークルがなくても一緒に勉強をしたり、一緒に遊びたいと思っている。

今週の月曜日から、夏学期の語学堂が始まった。今学期は3級を勉強する。もう始まってから4日がたったが、3級では2級の文法・単語を理解していないと理解できない、そして文法の難しさも2級とはだいぶ違い、これから語学堂以外でどれだけ勉強して、理解していくことが大切だと思う。5月のヨンチェ先生から課題は、韓国で流行っている本を読んでレポートを書くという課題だったが、本を読むことは韓国語の勉強にもなるし、韓国社会を知ることができる勉強にもなるので、聖公会大学の図書館などを利用して韓国語の本をもっと読みたいと思っている。

5月の終わりには聖公会大学の文化祭もあった。恵泉の文化祭とは雰囲気は全く違い、楽しく参加することができた。そして文化祭は3日間にわたって行われたのだが、3日間とも夜になると盛り上がりが増して、生徒たちが学校内で飲み会を開いたりなどしていた。韓国では昼間から学生がお酒を飲んでいたり、学校内で学科の飲み会・個人的な飲み会を開くなど、日本の大学ではありえないことが起きていて正直とてもびっくりしている。学生と会話や、交流をすることで文化の差を感じることも多く、もっと韓国の文化についても勉強していきたい。私は自分のやりたい、興味を持ったことがあっても、行動力がなくそのままにしてしまうケースが多い。この自分自身の問題も、あと残りの3か月で克服し、いろんな場所にいき、いろんな経験ができればいいと思っている。

  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 恵泉祭
  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 恵泉祭
upBtn