2006年度活動報告会第2回

2006年度 第2回体験学習活動報告会 実施報告

  • 長期FS展示販売長期FS展示販売
  • 短期FS展示販売短期FS展示販売
  • CSL展示販売CSL展示販売

2008年11月8日(土)、9日(日)に行われました、恵泉女学園大学多摩フェスティバルにおいて、体験学習関連のさまざまな展示や販売が行われました。
これは事後学習の「FSVI」の一環として行なわれるもので、学習のまとめを発表し、このFSに参加しなかった学生たちに成果を伝える活動です。
CSL展示・販売
コミュニティ・サービス・ラーニングの部屋では、活動先の福祉施設などで販売している菓子・雑貨、フェアトレードのコーヒー豆の展示・販売を行い、そのコーヒーを飲みながら一息つけるスペースを設置。
他大学の学生や関連団体からのお客様が、担当の学生と熱心に話をする場面も見られました。
2008年度春学期短期FS(アメリカ、中国、カンボジア)展示
2008年度春学期に行われたアメリカ、中国、カンボジア各短期フィールドスタディの、報告を兼ねた展示を実施。また、体験学習フィールドスタディ全般、特色GP関連の展示もこの部屋で行いました。
2007年度長期タイFS展示
2007年度長期タイフィールドスタディの履修生は、映像を中心とした活動の展示を行い、タイ、ミラーアート財団、パヨーイ村の製品の展示販売なども行いました。
短期タイフィールドスタディ(FS)履修生、短期バングラデシュFS履修生、外テントで物品販売
短期タイFSのテントでは、「タオフアイ」の販売を実施。タオフアイとは、黒糖が入った甘いしょうが湯に豆腐とかりんとうを入れる、というタイの屋台などでよく見られる食べ物です。多摩フェスティバル両日とも肌寒い陽気でしたが、このタオフアイで暖をとるお客様の姿も見られました。
短期バングラデシュFSのテントでは、バングラデシュの衣料や雑貨などのフェアトレード商品の展示販売。クラフト感あふれる素朴な衣装を、じっくりとご覧になられるお客様が多数いらっしゃいました。

upBtn