2008年度 恵泉女学園大学特色GP「教養教育としての生活園芸」活動報告会を開催します。

2008年05月30日

2008年度 恵泉女学園大学特色GP「教養教育としての生活園芸」活動報告会

1.テーマ:持続可能な社会に向けた教育プログラム(カリフォルニアにおける実践)

2.日 時:7月10日(木) 14:00~17:00

3.場 所:恵泉女学園大学多摩キャンパス G101教室

4.内 容:
  第1部 14:00~15:20
      カリフォルニアにおける教育プログラム事例調査報告
      恵泉女学園大学特色GP「教養教育としての生活園芸」タスクフォース

  第2部 15:40~17:00
      カリフォルニアにおける持続可能な農業に関する最近の研究・教育動向
      村本穣司(UC Santa Cruz農業生態学および持続的食糧システムセンター研究員)

  第3部 17:00~18:00 懇談会(自由参加です)

5.参加資格:持続可能な社会に向けた教育プログラムに関心を持つ教育関係者・学生等

6.申込先:恵泉女学園大学 教育研究支援センター(shiena@keisen.ac.jp)に
      件名を[研究会参加申込]として本文に住所・氏名・所属・身分を明記してメールを送信してください。

7.問合せ先:恵泉女学園大学 教育研究支援センター
      特色GP「教養教育としての生活園芸」タスクフォース
      担当:小関毅彦(おぜき たけひこ)
      042-376-8339(直通)
      shiena@keisen.ac.jp

本件で送信いただく個人情報については本学の取扱い指針に従い厳重に管理し、本学特色GP「教養教育としての生活園芸」にかかわる講演会等の情報の提供以外に使用いたしません。

恵泉女学園大学へのアクセス

upBtn