シンポジウム/講演会

2010年<地域と大学を結ぶ市民公開シンポジウム> いのちを生きるということ~架け橋としての園芸・音楽・対話の場~

主催:キリスト教文化研究所、園芸文化研究所
後援:毎日新聞社、朝日カルチャーセンター・朝日JTB交流文化塾

 「いのち」に真正面から向き合うとき、ひとは自分が小さく弱い存在であることに気づきます。だからこそ、どう生きるか、なぜ生きるか、生きる力を支え合う場が欲しい。このシンポジウムを出発点に、恵泉女学園大学は、園芸・音楽を架け橋として地域とつながり、みなさんと共に生きる「場」を創り出していきたいと思います。

地域と大学を結ぶ市民公開シンポジウム(PDF:739KB)

  •  いのちを生きるということ~架け橋としての園芸・音楽・対話の場~

  • 開催日:2010年11月23日(火)

  • 13:00~14:15 基調講演 [ J棟202教室 ]
    がん哲学外来           樋野興夫(順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授)
    「べてるの家」との出会いから 斉藤道雄(ジャーナリスト・"手話の学校"明晴学園校長)

    14:30~14:50 ハートフル・コンサート「心をつなぐ恵泉の音」 [ チャペル ]
    演奏:恵泉女学園大学聖歌隊・ハンドベルクワイア
    指揮・伴奏 関本恵美子(本学キリスト教音楽主任)

    15:00~15:45 パネルディスカッション [ J棟202教室 ]
    パネリスト
    ◇有機園芸の教育力とオーガニックカフェの可能性  澤登早苗(本学教員)
    ◇土に触れ、いのちを育む喜びを知って         小林ひかる(国際社会学科3年)
    ◇園芸療法                           澤田みどり(本学教員)
    ◇生きる力を支え合う植物を通した人と人との関わり 高柳亮子 (人間環境学科3年)
    ◇「トップダウンの平和」から「ボトムアップの平和」へ 桃井和馬(写真家・ジャーナリスト)

    15:45~16:00 休憩< オーガニックカフェ >

    16:00~16:50 フロアとのディスカッション

講義データ

講義名 <地域と大学を結ぶ市民公開シンポジウム> いのちを生きるということ~架け橋としての園芸・音楽・対話の場~
講座番号 310028
場所・交通アクセス 恵泉女学園大学 J棟202教室・チャペル
定員 200名
期間 2010年11月23日(火) (全1回)
受講料(材料費・費用) 全回申込のみ
全1回:
無料
upBtn