自然と植物を見つめる(秋編)

主催:研究機構 講師: 宮内 泰之  

本講座では、徒歩2~4時間程度のハイキングコースなどでゆっくり時間をかけて植物観察を行います。里山、奥山、海岸等、様々な自然環境を実感してみましょう。
また、地形や地図の読み方、植物の観察ポイントや見分け方、植生、環境や他の生き物との関係、人との関わりや文化などについても楽しみながら学んでいきます。植物好き、山好きな方だけでなく、写真や絵画が趣味の方、自然環境調査に興味のある方もぜひご参加ください。

◆指定教科書・参考図書・各回共通の持ち物
参考図書:里山さんぽ植物図鑑(成美堂出版)
持ち物:山歩きのできる服装、筆記用具、雨具、お弁当、飲み物、レジャーシート

時間・曜日

◆ 開催時間:10:00~15:00(終了時間は遅れる場合があります。)
◆ 開催曜日:土曜日

日程

  • 第1回 奥山の植物(三頭山)

  • 開催日:2018年9月8日

  • ブナ林の残る三頭山で、初秋の植物を観察しましょう。 行程:都民の森バス停-森林館-鞘口峠-三頭山山頂-ブナの道-都民の森バス停
    集合場所:都民の森バス停付近 ※第1回のみ集合時間を10:20とします。 (JR武蔵五日市駅9:00発数馬行きのバスに乗車、数馬に9:56着、連絡バスに乗り換え10:15に都民の森バス停に到着。帰りは都民の森バス停発14:35のバスに乗ります。)
  • 第2回 河原と水田の植物(田名、望地)

  • 開催日:2018年10月20日

  • 相模川左岸の河原と段丘崖、秋の水田雑草を観察しましょう。 行程:相模原駅-(バス)-相模原ふれあい科学館前-高田橋-望地キャンプ場-田名向原遺跡-(バス)-原当麻駅 ※ふれあい科学館の入館料390円が別途かかります。
    集合場所:JR相模原駅南口バス5番乗り場付近 ※水郷田名行きバスが10:05に発車しますので、遅刻しないようご注意ください。
  • 第3回 低山と海辺の植物(大楠山)

  • 開催日:2018年11月10日

  • 三浦半島の最高峰大楠山で常緑樹林の植物と、海辺の植物を観察しましょう。 行程:逗子駅-(バス)-大楠芦名口-芦名口コース-大楠山山頂-前田橋コース-前田橋-逗子駅
    集合場所:JR逗子駅東口2番バス乗り場付近

講義データ

講義名 自然と植物を見つめる(秋編)
講師 宮内 泰之
講座番号 218616
定員 30名
期間 2018年9月8日から 2018年11月10日 (全3回)
受講料(材料費・費用) 全回申込のみ
全3回:9,000 円
(交通費、入館料は各自負担)
友人にすすめる メールを送る(メールソフトが起動します)

お申し込みについて

受付開始前  2018年8月21日(火)より受付開始  申込締切:2018年8月29日(水)

詳しいお申し込みの手順、受講料のお支払い方法等は受講手続きのご案内ページをご覧ください。
※申込締切日は各講座により異なりますのでご注意ください。

【講師紹介】

宮内 泰之

みやうち やすゆき 千葉県生まれ。千葉大学園芸学部卒業、千葉大学大学院園芸学研究科博士課程修了。 農学博士。恵泉女学園園芸短期大学講師を経て、現在、恵泉女学園大学准教授。自然解説の技法等を担当。

 
upBtn