東京国際映画祭

2014年11月27日

こんにちは!
文化学科3年の桃子です。

先日、インドと映画について学んでいる授業の課題で
東京国際映画祭に行ってきました!
この課題は
映画祭を体感してくること、それをレポートにし提出することです。

映画祭を観に行くのではなく、体感するとはどういうことなのかと思いながら映画祭を観に行くのではなく、体感するとはどういうことなのかと思いながら
行ってみると
さまざまな国の映画が集まっていて
実際にたくさんの言語が飛び交っていたり 映画を観た後に、
監督とプロデューサーが答えてくれるQ&Aコーナーがあったり
そしてサインをもらうことができたりと
ただ映画館で映画を観るだけではできない体験をし
とても興奮しました!

特に印象に残ったことがQ&Aの中で
映画は一つの物体で生き物であると監督が話していたことです。
映画が生き物であるなんて考えたことがなかったので
とても衝撃を受けました。

今でも監督の話していたことについて考えていますが
自分の考えをレポートにまとめられていません
提出期限までゆっくり考えたいと思います(`・ω・´)。

次回のOCは12月7日です
ぜひ!お越し下さい

upBtn