地域連携特別講座 デザインして作るコミュニティ花壇 実践編

主催:研究機構 講師: 山 浩美  

 花壇作りの知識と技術の両方を効率的に習得できる実践講座です。今回は、ジニア(ヒャクニチソウ)を中心にして花壇を作ります。

 キャンパス内にある様々なタイプの花壇を見ながら、コミュニティの場で映える草花の選び方や使い方を説明します。植え替え計画の立て方を学んだ後は、秋にタネをまく花壇プランをデザインしてみましょう。午前は講義、午後は実習になります。
 多摩市のグリーンライブセンターや町田市の花壇作りボランティアに向けた苗圃の見学もおこないます。
 第3回目だけは、集合場所が異なりますのでご注意ください。

時間・曜日

◆ 開催時間:11:00~15:00(昼休み12:30~13:30)
◆ 開催曜日:金曜日

日程

  • 第1回 春のタネまき

  • 開催日:2017年4月28日

  • 春まき一年草のタネまき、キャンパス内の花壇の手入れ
  • 第2回 花壇用の草花と植え替え計画

  • 開催日:2017年5月19日

  • 春花壇に咲く草花の説明、花壇の手入れ、 タネまきした苗の植え替え
  • 第3回 花壇見学会

  • 開催日:2017年6月2日

  • 多摩市グリーンライブセンターは、多摩市と市民によるボランティア、恵泉女学園大学の3者によって運営している多摩市の緑の拠点の一つです。季節の草花やバラが咲く花壇を見学します 午後は、大学にもどって育てた苗の植え替えをします
  • 第4回 花壇デザイン

  • 開催日:2017年6月16日

  • ボランティア花壇向きのデザイン作成について、苗の摘心と花壇の手入れ
  • 第5回 町田市営花壇苗圃見学会

  • 開催日:2017月6月30日

  • 町田市営下小山田苗圃は、年間80万株以上の苗を生産して市内の花壇ボランティアに配布しています。今回は、配布の様子を見学させて頂きながら地域での花壇作りとボランティアの活動について考えてみましょう 午後は、大学にもどって花壇の片付けと土作り、花壇デザインの発表とプランの選出を行ないます
  • 第6回 夏秋花壇の植え付け

  • 開催日:2017年7日14日

  • 育てた苗を植えて夏秋花壇を完成させます 秋まきのタネを注文してみましょう

講義データ

講義名 地域連携特別講座 デザインして作るコミュニティ花壇 実践編
講師 山 浩美
講座番号 217567
場所・交通アクセス 本学・多摩キャンパス(第1.2.4.5.6回) 多摩市グリーンライブセンター(第3回)
恵泉女学園大学の交通案内
定員 15名
期間 2017年4月28日から 2017年7日14日 (全6回)
受講料(材料費・費用) 全回申込のみ
全6回:18.000 円
友人にすすめる メールを送る(メールソフトが起動します)

お申し込みについて

受付終了 開講決定しました。  申込締切:2017年4月18日(火)

詳しいお申し込みの手順、受講料のお支払い方法等は受講手続きのご案内ページをご覧ください。
※申込締切日は各講座により異なりますのでご注意ください。

【講師紹介】

山 浩美

やま ひろみ 恵泉女学園短期大学卒業後、造園会社にて植物園、公園などの花壇や緑地管理を担当する。その後、2005年愛・地球博などのテーマパークや屋上庭園などの花壇計画や維持管理に携わる。本学非常勤講師(花壇ボランティア論)。㈲山・高瀬計画室代表取締社長。著書「はじめての宿根草」(講談社)、「つるバラとつる植物のガーデニング」監修(成美堂出版)ほか。1級造園施工管理技士。

 
upBtn