3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)

所定の年限在学し、本研究科が設定した所定のカリキュラムに従って、必修科目及び選択科目の必要単位を含む単位を修得し、かつ本研究科が実施する修士論文の審査に合格した者に、修士の学位を与える。
修士課程修了にあっては、以下の目標に到達していることを目安とする。
(1)紛争・戦争といった直接的暴力のみでなく、日常生活における権力の非対称性に端を発する構造的暴力に対抗するために求められる理論や実践的知識を身につけている。 (2)地域における育児や介護など少子高齢社会に適応した生活のあり方に着眼する一方、社会保障の持続可能性に貢献するために求められる理論や実践的知識を身につけている。 (3)研究成果を広く伝え共有するために必要なレベルの語学能力を身につけている。 (4)本学園の理念と平和学研究科の教育目的に則って、広義の平和の創造に前向きに取り組む姿勢を身につけ、またそのために貢献できる。

修士論文審査基準

修士論文の審査においては、以下の項目に基づいて、主査及び副査2名以上の教員が評価を行うものとする。

  • 論文題目・研究課題の明確さ
  • 主題についての学術上の創意工夫
  • 資料の取り扱いの適切さ
  • 先行研究の十分な検討、批判的視点
  • 研究方法及び論旨の一貫性
  • 考察・分析の妥当性
  • 表現・表記法の適切さ
  • 構成の体系性
  • 学術上及び社会的意義

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

国内外の現場で活躍するうえで必要不可欠な、今日の主要課題、地域及び言語を含めた実践的手法に関する高度な専門知識を、講義と演習及び実践的科目などを通じて修得する。
広い視野から国際社会や国内の今日の主要課題を構造的に理解し、実践的な実力を身に付けることが可能となるよう、主に「国際協力」と「公共/社会政策」に関連する科目群を履修するが、他の関連科目も広く履修する。
教員との対話や現場参加などを通じて、学生が積極的に課題研究に取り組み、修士論文を作成することを重視する。これを通じて、実践の場で不十分に陥りがちな概念化、未解明な領域の明確化、論理的思考方法の確立、積極的姿勢などを学ぶ。
専門及び関連する研究者や院生、実践者などに、自らの研究内容や成果をアピールし、助言を受ける、相互理解を深める、そして現場にインパクトを及ぼすために、明快なプレゼンテーションを行う能力を身に付ける。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

恵泉女学園大学平和学の4つの特徴、非暴力、構造的暴力・文化的暴力などへの多面的理解、最も抑圧された人々の視点、歴史背景の理解を生かし、広範な社会的矛盾に対し、実践的かつ積極的に平和の創造に取り組む社会人を志す者。
職場や地域社会あるいはアジアをはじめ国際社会等で職業人、社会人、家庭人、ボランティアなどとして社会経験を積んできた者で、その経験を客観的に整理し、分析しながら、より平和な社会の創造に貢献したいと考えている者。

求める学生像

【国際協力コース】

平和を抽象的、固定的ではなく、広く多様な視野、柔軟な思考で理解し、確固たる信念の下で、実践的な手段を駆使して、その実現に積極的に取り組む学生。

【公共/社会政策コース】

公共政策について現場や具体的事例から広く多様な視野、柔軟な思考で理解し、持続可能な社会の人間関係と公共性の創生に積極的に取り組む学生。

upBtn