2009年10月 5日

修士論文を書き終えて

2009年10月05日

こんにちは。恵泉大学院の人文学研究科で文化共生を専攻しているkeikoです。「1920年代の歌舞伎」というテーマで研究をしました。
恵泉の大学院は専攻の違う院生同士はもちろんのこと、先生方とも交流の時間がたっぷりあり、和気あいあいとした雰囲気が魅力です。勉強するつもりで学校に来ても、ラウンジや院生室で友人と顔を合わせると、ついついお茶をしながら話し込んでしまうというのが私の日常でした。

修士論文を書き終えての続きを読む

upBtn