卒業生百花

恵泉女学園大学を卒業した学生の進路はさまざまです。企業への就職についても分野は多彩ですし、転職してより自分にあった仕事を見つけた人もいます。また、大学院や専門学校へ進学した人もいれば、子育てに専念している人もいます。どんな進路をとろうと、恵泉で学んだことは活きてきます。ここでは、社会のさまざまな場で活躍する卒業生が、現在の生活や大学での経験を語ります。ぜひ、彼女たちの声を聞いてください。

岩井 友里恵 さん 国際社会学科

■卒業年:2011年3月卒業
■勤務先:ロイヤルパーク汐留タワー

今日も暗いうちに出勤し、フロントロビーに着くとようやく朝日が上がってきます。寒い季節に早朝出勤をするのは大変ですが、私は今とても新鮮な気持ちで職場の雰囲気を楽しんでいます。
実は私にとって今の職場は2つ目で、昨年の秋に転職活動をしました。在学中の就職活動でもホテルを何度か応募しましたが、残念ながら内定をいただくことはできませんでした。何がいけなかったのかを考えると、ホテルの仕事に対する認識不足もあり自分の意欲が思うように伝わらなかったからだと思います。
九か月間経験をした最初の職場では私は様々なことを学ぶことができました。お客様にご満足頂くというのはどういうことなのか、自分のやりたい接客はどのような接客なのか...

岩井 友里恵 さんの続きを読む

王 敏人(オウ ミンニン) さん 国際社会文化学科

■卒業年:2007年3月
■勤務先:某日本メカ商社(台湾)

恵泉の在学中、1,2年の頃はアルバイトが楽しくて、あまり学校に行きませんでした。
けれど、3年ゼミの先生に出会い、とにかく授業が大好きになったことと、就職活動や卒論などのストレスにより、1,2年生の時に嫌いだった園芸の授業が、可愛く思えて、大学に行くのがいつもとても楽しみになりました。

王 敏人(オウ ミンニン) さんの続きを読む

K.A さん 日本語日本文化学科

■卒業年:2009年3月卒業
■勤務先:明治安田生命

私は日本文化に興味があり、小さい頃から書道、茶道、剣道を習ってきました。恵泉では日本美術史のゼミに所属しながら、日本語教員養成課程の資格も習得するという充実した学生生活を送りました。現在は、生命保険会社で加入査定を担当し、お客様が保険に加入できるかを審査しています。

恵泉の学びで役に立ったことは、大学の勉強や単位取得を通じて計画を立て、効率的に行動することです。4年生の時は卒論、アルバイト、教育実習、就職活動という忙しいスケジュールでした。けれども、限られた時間の中で移動などの空き時間を有効に使い、就職も決め、卒業することができました。就職してからも、毎月のように受験していた資格試験も大学時代の計画性を生かして乗り切っています。

K.A さんの続きを読む

誕生日祝い舞浜にて

野原 幸恵 さん 人間環境学科

■卒業年:2010年3月卒業
■勤務先:NPO法人子育てひろば「あい・ぽーと」

こんにちは。2010年3月人間環境学科を卒業した野原幸恵です。
私は、1・2年生の時、多摩フェスティバル実行委員、3年生の時、信和会、4年生の時、卒業パーティ委員に所属していました。他にもサークルやゼミもあり、大学が好きで仲間といることが大好きな私は恵泉で充実した日々を送ることができました。
今、私は、南青山にあるNPO法人子育てひろば「あい・ぽーと」で働いています。大日向ゼミに所属し、就職先は子どもに関係することをしたいと考えていたので、授業で訪れた「あい・ぽーと」に決まった時はとても嬉しく思いました。

野原 幸恵 さんの続きを読む

大町 麻衣 さん 日本文化学科

■卒業年:2006年3月
■勤務先:法政大学サステイナビリティ研究機構

私は2006年に日本文化学科を卒業し、三井住友銀行に勤めたのちに大学院に入り、2010年に修士課程を修了しました。学部生時代には授業を通してハンセン病、平和、文化、ジェンダーなど様々なことに触れ、学ぶことのおもしろさを知ったように思います。学科を越えておもしろそうな授業はできるだけ履修したり、韓国に交換留学するなど、勉強嫌いだった中高生時代の自分からは考えられない充実した日々でした(笑)。学科の分け隔てなくサポートしてくださる先生がたくさんいるので、自分の興味を積極的に広げることができました。

大町 麻衣 さんの続きを読む

upBtn