教員紹介

大日向 雅美(オオヒナタ マサミ)

OHINATA MASAMI

大日向 雅美
職名
教授
担当科目
心理女性学、親子関係論、社会園芸演習
専門分野
発達心理学
業績紹介
(※別ページに飛びます)
メールアドレス
mohinata@keisen.ac.jp

私は中学・高校・大学・大学院の修士課程までずっと女子校で過ごしました。結婚して二人の娘が授かり、女子大の恵泉女学園大学に勤務して28年目。研究テーマは、女性のライフスタイルや子育て・母娘関係など。「女性」が私にとって公私ともにライフワークです。いつでもどこにあっても、目標を見失うことなく自身と周囲の人の幸せを大切にする女性として生きてほしいとの願いは、母として娘たちを思う気持ちであると同時に、学生の皆さんを思う気持ちでもあります。

高校生の方へ

専門分野についてのご紹介

発達心理学では、人は胎内にいる時から人生を終えるまで生涯に亘って成長し変化すると考えます。その過程で大切なことは環境です。その環境には社会的経済的な環境もあるでしょう。とりわけ人間関係が大きなウェイトを占めています。「親子」「家族」「夫婦」「友人」等との関係性の中で人はどのように生きていくのか。環境とかかわりながらさまざまに変化し、可能性を発揮する過程を見つめ、考察する発達心理学には、壮大な人間ドラマとロマンがあると私は考えています。

高校へのメッセージ

恵泉での人文社会科学系の学びは森をさまようことに似ています。じっくり散策を味わいましょう。時には道に迷うことも必要です。人生に無駄なことはありません。あせらずあわてず、一歩一歩でいい。あなたらしい歩みを見つけてください。

upBtn