共働学舎(町田市)の夕涼み会に出店しました!

2016年08月01日

7月23日(土)に行われた共働学舎の"夕涼み会"に、本学からフラワーアレンジメント・押し花づくり体験、花苗販売のお店を出しました。
社会福祉法人 共働学舎は、大学から車で8分程の場所にある障がいを持つ人のための授産施設です。恵泉で使っているトイレットペーパーは、共働学舎の方が古紙を回収してリサイクルして作られたものです。他にも、大学でのクッキー販売、学園祭での出店、CSL(コミュニティ・サービス・ラーニング)の受け入れ等を通じて、大変お世話になっている施設です。

"夕涼み会"は共働学舎の近隣にある会社や関係する様々な団体が出店し、また盛りだくさんのステージもある賑やかなお祭りです。
恵泉からは、ボール投げの景品としてフラワーアレンジメントや押し花づくりの体験ができるお店を出しました。
お客さんは子どもだけでなく、大人の方も来てくださりました。
特にフラワーアレンジメントは毎年大人気で、今年も最後は見本のアレンジメントを解体して作ってもらうほど大盛況でした!
小さいながらも本格的な仕上がりで、プレゼントにも喜ばれそうな作品ができていました。

大学はちょうど学期末で試験・レポートの時期でしたが、忙しい中でたくさんの学生が参加しました。当日だけでなく、フラワーアレンジメントや押し花づくりの下準備にも、何人もの学生が手伝ってくれました。
また、この春に卒業したばかりの恵泉OGもお手伝いに入ってくれました。彼女は2年前の夏休みに共働学舎でCSL活動をした学生です。CSLⅠ、Ⅱ、Ⅲと様々な分野で活動をした後に、社会福祉関係の資格を取るために卒業後は専門学校へ進むことを決めての卒業でした。CSL活動でお世話になった共働学舎の皆さんに、久しぶりに元気な顔を見せることができて喜ばれていました。

upBtn