FOOD ACTION NIPPON アワード2009受賞のご報告

2010年01月15日

1月15日、恵泉女学園大学の『大学における生活者教育としての「生活園芸」』が、FOOD ACTION NIPPON アワード2009「コミュニケーション・啓発部門優秀賞」を受賞しました。

img_fan2009.gif

恵泉女学園大学の農業と食への理解を深める「生活園芸」の取組を通した食料自給率向上への寄与が評価されたものです。

FOOD ACTION NIPPON アワードは、食料自給率向上に寄与する事業者・団体等の取組を一般から広く募集し、優れた取組を表彰することにより、食料自給率向上に向けた活動を広く社会に浸透させ、私たちや未来の子供たちが安心しておいしく食べていける社会の実現をめざすものです。

今年度は、4部門(プロダクト部門/製造・流通・システム部門/コミュニケーション・啓発部門/研究開発・新技術部門)で、食料自給率向上に寄与する取組を募集。全国の事業者・団体等から1204件もの応募がありました。

また、本学の記事が、FOOD ACTION NIPPON ホームページの「特集コンテンツ > FANアワード > 審査結果一覧 > コミュニケーション・啓発部門」 に掲載されています。

主催:FOOD ACTION NIPPON アワード2009実行委員会
共催:農林水産省

upBtn