本学学生が日本ユニセフ協会でのインターンシップに参加しました。

公益財団法人日本ユニセフ協会と本学がインターンシップ協定を今年度結び、
その第一号として人間環境学科(現代社会学科へ名称変更)の学生がこの春休みを利用し、参加してきました。

一カ月間の研修期間で、事務作業を主として、来客対応等も行ってきました。
大変に良い環境での研修で学ぶことも多かったようです。

参加した学生は
「国際協力関連の知識も増え、それ以上に社会へ出る上で、人への思いやりを持って行動することの大切さを学ぶことができました。今後も企業や社会と接する機会を増やしていこうと前向きな気持ちになりました。」
と感想を述べていました。

※インターンシップ協定
本学では学生の社会人基礎力形成のためインターンシップを推奨しており、
様々な受入企業・団体様と単位認定に関する協定を結んでいます。

※公益財団法人日本ユニセフ協会
(公財)日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)は、世界36の先進国・地域にあるユニセフ協会(国内委員会)のひとつです。
日本においてユニセフを代表するユニセフ協会(国内委員会)として、1955年に財団法人として設立され、(2011年に公益財団法人へ移行認定)、民間のユニセフ募金を集めるほか、 ユニセフの世界での活動や世界の子どもたちについての広報、そして、「子どもの権利」の実現を目的としたアドボカシー(政策提言)活動を行っています。(協会HPから引用)

upBtn