恵話会・KEES活動報告

KEES

紙芝居文化の会とのZoom交流会の実施

2021年08月02日

2021年7月21日(水)、本学のKPKA(クプカ:恵泉平和紙芝居研究会)の2名、教養基礎演習Iの受講生3名が90分の紙芝居文化の会とのZoom交流会に参加しました。交流会では学生による平和紙芝居『二度と』の実演が日本語と英語で行なわれました。交流会には松井エイコ氏(壁画家、紙芝居作家)をはじめとする、紙芝居文化の会の運営委員と会員のみなさま11名が参加してくださいました。
今回も第三回平和紙芝居勉強会と同様に、紙芝居の舞台を使用しての「抜く・差し込む」の動作は演者とは異なる別の人が担当しました。実演者の学生は聞き手の視線をあたたかい励ましの声と感じ、いつも以上に納得のいく実演を行うことができました。実演のあとは、実演者からの振り返り、学生、教員、紙芝居文化の会のみなさま、松井氏からのコメントがありました。
今後も、この交流会が継続して行われることを確認し合い、終了となりました。

紙芝居文化の会とのZoom交流会の実施の続きを読む

第三回平和紙芝居Zoom勉強会の実施

2021年04月14日

2021年3月27日(土)、本学のKPKA(クプカ:恵泉平和紙芝居研究会)より3名、KEES(キーズ:恵泉英語教育研究会)より4名、恵話会(けいわかい:恵泉お話を語る会)より1名が90分の第三回平和紙芝居勉強会で指導を受けました。勉強会での講師は第一回目、第2回目と同様、松井エイコ氏(壁画家、紙芝居作家)です。さらに紙芝居文化の会よりおふたりの参加もありました。
紙芝居を実演するときは通常、演者が全てひとりで行いますが、今回はZoom勉強会であったこともあり、紙芝居の舞台を使用しての「抜く・差し込む」の動作は演者とは異なる別の人が担当しました。これは皆にとって新たな試みでしたが、「抜く・差し込む」動作の担当と演者の心の通い合いを実感できた場となりました。

第三回平和紙芝居Zoom勉強会の実施の続きを読む

KPKA(クプカ:平和紙芝居研究会)による「世界KAMISHIBAIの日」の実施

2020年12月28日

2020年12月8日(火)、本学のKPKA(クプカ:平和紙芝居研究会)のメンバー6名とKEES(キーズ:恵泉英語教育研究会)からの1名が参加し、お昼休みの定例会で「世界KAMISHIBAIの日」に因みZoom画面上でKPKAのメンバーが紙芝居を演じました。Zoomでは、学生ひとりが紙芝居を抜く作業に徹しました。
演じた紙芝居の作家である松井エイコ氏が急遽参加してくださることになり、学生は恵まれた場の中で緊張感を感じながらも平和への思いを伝えることができました。

KPKA(クプカ:平和紙芝居研究会)による「世界KAMISHIBAIの日」の実施の続きを読む

クリスマスDVDの作成

2020年12月18日

本学のKEES(キーズ:恵泉英語教育研究会)、恵話会(けいわかい:恵泉お話を語る会)とKPKA(クプカ:恵泉平和紙芝居研究会)の3団体は、コロナ禍にあって地域での活動を模索していました。そのような折、多摩市の重症心身障害や発達障害などを対象に療育サービスを提供している「島田療育センター」からビデオメッセージの依頼を受けました。そこで3団体は素人ながら、プロの手もお借りして、クリスマス用のDVDを共同で制作し、島田療育センターをはじめ、多摩市内の保育園の5ヶ所、高齢者施設、児童館の市内8施設にクリスマスプレゼントを贈りました。
10月から準備を始め、練習を重ね、クリスマス前に動画作成を完成させることができました。学生はそれぞれの得意とする分野で力を発揮し、子どもはもちろん、大人も楽しめる内容となりました。

クリスマスDVDの作成の続きを読む

東京IIゾンタクラブ 第37回「補助犬育成―障害者自立支援 チャリティーコンサート&ビンゴの集い」での学び

2020年03月19日

KEES(キーズ:恵泉英語教育研究会)と恵話会(けいわかい:恵泉お話を語る会)は2012年度より東京Ⅱゾンタクラブ様を親クラブとして、日本で最初の「ゴールデン ジー(GZ)クラブ」としての認証を受け、以来、様々な学びのためのご支援をいただいています。

東京IIゾンタクラブ 第37回「補助犬育成―障害者自立支援 チャリティーコンサート&ビンゴの集い」での学びの続きを読む

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11