12月13日 日本語能力プログラム(音の表現法)箏・尺八演奏会 開催のお知らせ

2005年11月29日

時を越えて今 新しいメロディーが響く

―箏(こと)と尺八のコラボレーションが実現―

日本語能力プログラム(音の表現法)で、野口悦子氏と小湊昭尚氏をお迎えし、 箏(こと)と尺八の演奏会を行います。当日の演奏曲は古典からJ−POPまで全5曲。他では聞くことのできない貴重な話も交えて演奏していただきます。また演奏体験コーナーも予定。一生に一度あるかないかの貴重な体験となるはずです。この機会を逃すことのないようお誘い合わせの上、ご参加ください。

日時:12月13日(火) 午後3:00〜4:30

場所:B301(入場無料)

主催:人文学部(日本語能力担当教員)

問い合わせ先:042−376−8211(代)

【演 奏 者 紹 介】

小 湊 昭 尚 (こみなと あきひさ)氏(尺八)
民謡小湊流家元の長男として生まれ、5歳より両親の手ほどきを受け、舞台活動を開始。
1985年、少年少女民謡大会において最優秀賞受賞。1986年より囃子、太鼓、笛、尺八を始める。1990年より佐々木大盟氏に古典尺八を師事。この頃より民謡番組において尺八の伴奏を務める。1995年より故人間国宝、山口五郎氏に師事。1997年、東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻に入学。2001年 同大学卒業。
NHK首都圏ニュースの特集で若手尺八奏者として紹介されたのを始めTV、ラジオにも多数出演。ライブ、コンサート等も活発に行い、伝統邦楽に加え、民謡、POPSと活躍の場は幅広い。2004年7月、avexより邦楽グループ『ZAN』のメンバーとしてもメジャーデビューし、現在活躍中。
野 口 悦 子 (のぐち えつこ)氏  箏(こと)  生田流箏曲宮城社大師範 砂崎知子氏に師事。 1992年東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。同年、卒業生代表として皇居桃華楽堂にて御前演奏。在学中、マレーシア・シンガポールにて、卒業後は、韓国・香港・台湾・ベトナム・ブルネイ・アメリカ等海外公演も多く、国内においては、1997年に内幸町ホールにて初の「野口悦子箏コンサート」を開催。2001年より藤沢リラホールにて、ジョイント箏コンサートをシリーズとして毎年開催。 NHK邦楽オーディション合格。第35回宮城会箏曲コンクールにおいて第1位、第8回賢順記念全国箏曲コンクールにおいて奨励賞、第9回賢順記念全国箏曲コンクールにおいて銅賞(第3位)受賞。現在、舞台・ラジオ・テレビ出演などの演奏活動を行うとともに、後進の指導にあたっている。宮城社師範。
  • HOME
  • 過去のお知らせ
  • 12月13日 日本語能力プログラム(音の表現法)箏・尺八演奏会 開催のお知らせ
upBtn