2005年度 日本語日本文化学科設立記念シンポジウムを開催しました。

2004年11月02日

恵泉女学園大学 日本語日本文化学科設立記念シンポジウム
「日本のことばとこころ−外からの視座−」

 私達が話をするときは、何らかのことを考えてから口にするのが普通である。
 日本語を話すときはそのことを意識しないが、外国語を話すときは、必ず意識せざるを得ない。日本語を母語としない人々が、日本語を話すときは、母語はどのように影響するのであろうか。
 本シンポジウムでは、パネリストとして、英語、フランス語、中国語、韓国語を母語とする4名の方々をお迎えし、日本語や日本文化について、それぞれの立場からお話をしていただき、標記のテーマの理解を深めていきたい。

司 会: 青山学院大学名誉教授  中田 清一

パネリスト: 玉川大学文学部助教授  Sylvie Gillet-Suzuki
        青山学院大学講師      Lisa Vogt
        早稲田大学講師       胡 婉如
        漢陽女子大学教授      柳 吉東


日 時: 2004年11月6日(土)13:00〜15:30
場 所: 恵泉女学園大学 B301教室
定 員: 200名 申込不要・入場無料(当日直接会場においでください。)
問い合わせ先: 恵泉女学園大学 入試広報室
      電話:042-376ー8217  FAX:042-376-8652
      email: nyushi@keisen.ac.jp


  • HOME
  • 過去のお知らせ
  • 2005年度 日本語日本文化学科設立記念シンポジウムを開催しました。
upBtn