奨学金

人物・学業・勉学意欲に秀でた学生が経済的理由により修学が困難な状況にある場合に対し、安定した学生生活を送れるよう一定の金額を貸与、または給付する奨学金制度が設けられています。
これらの奨学金にはそれぞれの設置目的に応じて 学力、家計、人物などの選考基準が設けられています。奨学金を希望する学生は、自分自身の生活設計に基づき、 奨学金の種類、趣旨、返還方法を十分検討して出願手続きを行ってください。

学内奨学金

恵泉女学園大学奨学金

I) 入試時に決定する給付奨学金

名称 スポーツ・文化 特待生(AO入試)
対象 高校時、部活動及び生徒会活動などのリーダー経験者で、入学後も学内の自治会活動への参画や授業や学生生活全般においてリーダーシップおよびチーム力で貢献する意志を持つ者を対象に奨学金を給付します。
希望者はオープンキャンパスに参加し、エントリー時に申請書を提出のうえアドミッションセンター長との1次面談を受けること。
奨学生の選考については試験日の面接において行います。
募集人数 若干名
AO入試Ⅰ期のみ対象とする。
給付額 最大4年間、年間授業の半額(375,000円)免除
※2年次以降成績条件(GPA2.5以上)あります。
入学決定後、活動計画書を提出。アドミッションセンター長の評価を得ること。
半期ごとに自己評価レポート、ゼミ教員による評価およびアドミッションセンター長による面談を行います。また1年ごとに奨学金給付継続面接を行います。
名称 生涯就業力 特待生(AO入試)
対象 高校時にボランティア活動に参画した者で、入学後、聖書・国際・園芸の理念に基づくインターンシップ活動(海外を含む)に積極的に参画する意志を持つ者を対象に奨学金を給付します。
希望者はオープンキャンパスに参加し、エントリー時に申請書を提出のうえアドミッションセンター長との1次面談を受けること。
奨学生の選考については試験日の面接において行います。
募集人数 若干名
AO入試Ⅰ期のみ対象とする。
給付額 最大4年間、年間授業の半額(375,000円)免除
※2年次以降成績条件(GPA2.5以上)あります。
入学決定後、活動計画書を提出。アドミッションセンター長の評価を得ること。
半期ごとに自己評価レポート、ゼミ教員による評価およびアドミッションセンター長による面談を行います。また1年ごとに奨学金給付継続面接を行います。
名称 指定校推薦入試 奨学生
対象 指定校推薦入試合格者で、調査書の評定平均値が4.0以上で、輝く個性を持ち、在学中も他学生の模範となり生き生きと学ぶ者を対象に奨学金を給付します。
希望者は出願時に申請書を提出すること。奨学生の選考については試験日の面接において行います。
募集人数 若干名
指定校推薦入試Ⅰ期・Ⅱ期対象
給付額 最大4年間、年間授業の半額(375,000円)免除
※2年次以降成績条件(GPA3.0以上)があります。
名称 公募推薦入試 奨学生
対象 公募推薦入試合格者で、調査書の評定平均値が4.0以上で、輝く個性を持ち、在学中も他学生の模範となり生き生きと学ぶ者を対象に奨学金を給付します。
希望者は出願時に申請書を提出すること。奨学生の選考については試験日の面接において行います。
募集人数 若干名
公募推薦入試Ⅰ期・Ⅱ期対象
給付額 最大4年間、年間授業の半額(375,000円)免除
※2年次以降成績条件(GPA3.0以上)があります。
名称 特別スカラシップ入試
対象 特別スカラシップ入試では、向学心旺盛な学生に門戸を開くとともに成績優秀な学生を経済面からサポートすることを目的とし、入試の成績が優秀な合格者に以下の三段階の特別スカラシップを与えます。
募集人数 若干名
給付額 特典①
入試の成績に応じて、最大4年間、年間授業料全額(750,000円)を免除します。
※2年次以降、成績条件(GPA3.0以上)があります。
特典②
入試の成績に応じて、最大4年間、年間授業料半額(375,000円)を免除します。
※2年次以降、成績条件(GPA3.0以上)があります。
特典③
特別スカラシップ対象者とならなくても、一般入試の合格水準を満たしていると判断した場合、一般入試(A方式・B方式・C方式)の受験を免除し、出願のみで合格を認めます。
※一般入試免除の成績上位者が出願・入学した場合、1年次授業料の半額(375,000円)を免除します。

AO入試または推薦入試の合格者は、同じ学科に限り入学の権利を確保した上で、チャレンジが可能です。

II) 入学後に対応する奨学金

単年度給付奨学金

名称 恵泉フェロシップ給付緊急奨学金
対象 入学後の家計の急変により経済的に就学困難となった学生
※日本学生支援機構(JASSO)奨学金の予約採用者および1年次春学期の在学採用申込者は対象外。
給付額 1件あたり70万円を上限とする。(単年度給付)

長期貸与奨学金(1年以上)

対象 本学の教育目的を重んじ、勉学への意志は有するが、経済的援助の必要のある者で、日本学生支援機構奨学金、およびその他の金融機関などの融資を見込めない者
募集時期 随時
貸与月額 20,000円~30,000円程度(上限:学納金相当分まで。家計の経済状況配慮。)
貸与期間 4月~1年間(最短修業終了期まで継続も可)
貸与方法 年2回銀行振込(春学期、秋学期各1回)
推薦基準 学業成績・家計状況ともに日本学生支援機構推薦基準に準ずる。
資格の取消 次の各項に一つでも該当した場合は、奨学生として不適当と認め資格を取り消し、奨学金の交付停止、返還を求めることがある。
①無断の長期欠席、休学、退学、除籍、懲戒処分の場合
②願書および提出書類に虚偽があった場合
③本人もしくは連帯保証人から辞退の申し出があった場合
④学習態度および行動が奨学生としてふさわしくない場合
⑤学納金が未納で延納などの手続きが行われない場合
学業成績 各セメスター終了時、学業成績・取得単位をもとに成績不振者には面接を行う。
継続手続き 貸与期間は1年間。継続を希望する場合は毎年4月に更新手続きの必要あり
返還 卒業後、年1回(6月or12月)または年2回(6月・12月)、15年以内に返還完了(無利子)。

短期貸与奨学金

種類 ・大学主催単位認定プログラム
(FS・海外語学研修・海外実習)
・タイワークキャンプ
パソコン等の学業に必要と認められる機器を購入する場合の費用の一部 緊急時の少額資金
(財布の紛失、盗難、送金未着等への対応)
対象 学部・大学院生(※永住権をもたない外国籍学生については、最初の出願時に在留資格「留学」を所持していないもの)
貸与額 参加費用の30%~40%(200,000円)まで パソコン等購入費用の一部。上限100,000円 事情に応じ、原則20,000円くらいまで
在学中、合計250,000円までを限度とする。
申請時期 各プログラム参加申し込み締め切りまで 随時 随時
申請方法 申請書類(奨学金申込書・経済状況申告書・返済計画書)に記入し、プログラム参加費・参加申告書のコピーを添付して学生課(FS参加者は教務課)へ提出する。 申請書類(奨学金申込書・経済状況申告書・返済計画書)に記入し、見積書等購入する機器の型式と価格のわかる資料を添付して学生課に提出する。 学生課で借用証を記入
決定・手続き 書類審査の上、貸与額決定。貸与額決定後、借用証書・連帯保証人の印鑑登録証明書を提出 書類審査の上、貸与額決定。貸与額決定後、借用証書・連帯保証人の印鑑登録証明書を提出。機器を購入後に領収書(原本)を提出する。 事情・事実関係を確認の上、決定。
振込 指定期日までに本人指定口座に振り込む
返還 卒業年度の12月21日までに返還完了(無利子) 1ヶ月以内に返還完了

学外奨学金

日本学生支援機構(JASSO)奨学金

独立行政法人日本学生支援機構により運営される全国的・総合的な学生支援事業の一環としての公的な貸与奨学金です。(※成績・家計基準があります。)
詳細は日本学生支援機構(JASSO)奨学金のホームページ参照。

種類 対象 金額(月額) 募集時期
国内 第1種(無利子) 学部 自宅
自宅外
選択
54,000

64,000

30,000
4月
大学院 選択
50,000

88,000
4月
第2種(有利子)
利率は年3%が上限
学部 選択
30,000

50,000

80,000

100,000

120,000
4月
大学院 選択
50,000
80,000
100,000
130,000
150,000
4月

※年度内に家計が急変した場合の第1種・第2種、緊急対応奨学金については、随時対応します。学生課に相談して下さい。

種類 対象 金額(月額) 募集時期
海外 短期留学 学部 選択
30,000~
120,000
年3回
(予約制)
大学院 選択
30,000~120,000
海外留学 卒業後2年以内に留学を
予定している者
留学先が大学
選択
30,000~
120,000
前年に申請
(予約制)
卒業後2年以内に留学を
予定している者
留学先が大学院
選択
50,000~
150,000

海外留学奨学金に関する日本学生支援機構(JASSO)

日本学生支援機構(JASSO)奨学金希望者へ

☆4月上旬に行われる説明会に、必ず出席してください。開催日程は、奨学金掲示板に提示します。

☆貸与された奨学金は、定められた期間内に返還することになります。

☆学業成績が一定の基準に達しない場合、面接等の学内審査に基づき奨学金が停止されることがあります。

☆詳細については、学生課にお問い合わせください。

申し込みにあたって(留意点)

留学に関する奨学金概要

その他の学外奨学金

地方公共団体や民間育英団体のうち、本学に募集依頼があったものについては学生課の奨学金掲示板などで随時お知らせします。

私費外国人留学生(「留学」査証所持者)のための奨学金

学内奨学金

恵泉女学園大学授業料減免制度奨学金
河井奨学金

学外奨学金

日本学生支援機構(JASSO)文部科学省学習奨励費
民間育英団体のうち、本学に募集依頼があったものについては学生課の奨学金掲示板などで随時お知らせいたします。

奨学金取扱部署 ・・・ 学生課 TEL:042-376-8213

upBtn