教育理念・アドミッションポリシー

恵泉女学園の教育理念

「神を畏れ 人を愛し いのちを育む」

恵泉女学園は、キリスト教信仰に基づき、神と人とに仕え、自然を慈しみ、世界に心を開き、平和の実現のために貢献できる女性を育成する。

大学の教育理念

恵泉女学園大学では、本学園の教育理念を礎にして、豊かな教養(リベラルアーツ)教育を行っています。大学の教育理念は以下の通りです。

  • 自己を尊重し、自己を愛するように他者を尊重する人を育てる
  • 世界を知り、偏見や差別に立ち向かう力を育む
  • 自然を慈しみ、いのちを尊ぶ人を育てる

私たちは、教養こそが人を自由にし、自立させるものと信じています。本学はこのような理念に沿って、ひとりひとりの学生が自立した人生を切り拓いていけるように努めています。

大学のアドミッションポリシー

恵泉女学園大学は、キリスト教の精神に基づき「聖書」「国際」「園芸」を学びの礎としています。自分を愛するように隣人を愛し、自然を慈しみいのちを尊び、平和の実現に貢献できる自立した女性を育成します。そのために意欲を持って誠実に学び、多様な価値観を共有しながら、新たな自分自身を発見し、高めていくことを目指す女性を、年齢・国籍を問わず幅広く求めます。

upBtn