教育理念・アドミッションポリシー

恵泉女学園の教育理念

「神を畏れ 人を愛し いのちを育む」

恵泉女学園は、キリスト教信仰に基づき、神と人とに仕え、自然を慈しみ、世界に心を開き、平和の実現のために貢献できる女性を育成する。

大学の教育理念

恵泉女学園大学では、本学園の教育理念を礎にして、豊かな教養(リベラルアーツ)教育を行っています。大学の教育理念は以下の通りです。

  • 自己を尊重し、自己を愛するように他者を尊重する人を育てる
  • 世界を知り、偏見や差別に立ち向かう力を育む
  • 自然を慈しみ、いのちを尊ぶ人を育てる

私たちは、教養こそが人を自由にし、自立させるものと信じています。本学はこのような理念に沿って、ひとりひとりの学生が自立した人生を切り拓いていけるように努めています。

大学のアドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

恵泉女学園大学は、本学の教育理念に共感し、本学での学修に高い意欲と目的意識を持つ、次のような学生を、年齢・国籍を問わず幅広く求めます。

  • 高等学校での教育課程の教科・科目の修得による基礎的内容を偏りなく幅広く修得している。
  • 高等学校での学修を通じて、聴く・話す・読む・書く の基礎的な言語コミュニケーション能力を身につけ、他者の声に耳を傾けるとともに、自らの意見を積極的に発信する意志をもっている。
  • 高等学校の教育課程の教科・科目で修得した内容を活用し、発展させる意欲をもっている。
  • 高等学校での正課科目の学習のほか、課外活動にも力を注ぐ意欲をもち、自然や社会に対して関心をもち、さまざまな人と接しながら豊かな体験を積むことを志向している。

上記のような学習姿勢や能力・志向性を持った学生に入学していただくため、恵泉女学園大学では、次の方針に基づいて入学試験を実施します。

  1. 何よりも「恵泉で学びたい」という気持ちを大切にします。本学では入学時に決めた学科の枠に縛られない幅広い学際的な学修を奨励し、入学後の日々の勉学を通して、一人ひとりが自らの学びを構成し、自分にふさわしいキャリアを見出していけるよう、3年進級時に専門を決めるコース制度を採用しています。よって、何を専門的に学びたいかまだ分からない、関心ある分野が多岐にわたっていて絞りきれない、実体験学習を通じて自分の関心分野を探してみたいという学生も歓迎します。
  2. 一人ひとりの受験生に丁寧に向き合います。そのために皆さんの能力・特性が発揮できるようさまざまな入試方法を用意します。(各入試の評価方法・評価基準の詳細については募集要項を参照してください。)
  3. AO入試や推薦入試などで早期に本学への入学が決まった方を対象に、高等学校での学習から大学での学修へのスムーズな移行を図れるよう「入学前ステップアップ授業」を実施します。
upBtn