国際社会学科大橋正明教授が「NGOアドバイザリー・グループ」常任メンバーに選ばれました

2010年05月25日

外務省岡田克也外務大臣の下に「日本の国際協力のあり方に関するNGOアドバイザリー・グループ」が設置され、国際協力に係る知見と経験の豊富さが特に参考になる国内NGO関係者6名のうちの一人として、本学人間社会学部国際社会学科の大橋正明教授が常任メンバーに選ばれました。
今後、2ヶ月に1回を目途に会合を開催し、国際協力に係る様々なテーマについて幅広く意見交換を行っていく予定です。

「NGOアドバイザリー・グループ」常任メンバー

(1)外務省:
岡田外務大臣、福山副大臣、西村大臣政務官 他

(2)NGO :
長有紀枝 ジャパン・プラットフォーム(JPF)共同代表理事/難民を助ける会理事長
大西健丞 ピース・ウィンズ・ジャパン(PWJ)代表理事
片山信彦 ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)常務理事・事務局長
熊岡路矢 東京大学大学院客員教授/GCAP Japan「動く→動かす」代表
谷山博史 日本国際ボランティアセンター(JVC)代表理事
大橋正明 国際協力NGOセンター(JANIC)理事長/シャプラニール=市民による海外協力の会理事/恵泉女学園大学教授

  • HOME
  • 教職員の活動
  • 国際社会学科大橋正明教授が「NGOアドバイザリー・グループ」常任メンバーに選ばれました
upBtn