文部科学省「大学教育・学生支援推進事業」学生支援推進プログラムに採択されました

2009年07月08日

「専門性を生かした正課外地域貢献活動によるマネジメント力の育成」

 恵泉女学園大学では、教職志望(国語・英語)の学生を中心に、地域の学校や福祉施設等をチームで訪問し、言語活動(小学校英語活動、絵本読み聞かせ活動、わらべ歌や手遊びでの触れ合い活動)による社会貢献を行なっています。この活動を通して、教員としての実践的な力を磨くと同時に社会人としてのマネジメント力も養成されます。

 この活動が、今年度、文部科学省の「大学教育・学生支援推進事業」学生支援推進プログラムに採択されました。(この文部科学省の事業は、各大学における「学士力の確保や教育力向上のための取組の中から、到達目標を明確にした効果が見込まれる取組を選定」するものです。)

 実際の活動については、今後、WEBサイトやパンフレットなどを通してご紹介いたします。ご関心をお持ちの方は下記までお問合せください。

問合せ先:恵泉女学園大学教育研究支援センター
     042−376−8339
     shien@keisen.ac.jp
     担当:小関毅彦(OZEKI, Takehiko)

地域の小・中学校の教員対象研修会に学生たちも一緒に参加して学んでいます 地域の小・中学校の教員対象研修会に学生たちも一緒に参加して学んでいます

  • HOME
  • 教職員の活動
  • 文部科学省「大学教育・学生支援推進事業」学生支援推進プログラムに採択されました
upBtn