6月13日(土)・14日(日)日本平和学会 2009年度春季研究大会「綻びぬ平和―Sustainable Peace―」を開催します

2009年05月15日

日本平和学会 2009年度春季研究大会を開催します。
大会統一テーマは「綻びぬ平和―Sustainable Peace―」


開催日 6月13日(土)・14日(日)


■開催校(本学)企画
6月13日(土)10:15〜12:30〔J棟202教室〕
  「平和学を専門とする大学院カリキュラムの現状と課題」(協力:早稲田奉仕園・庭野平和財団)


■パネリスト
   Stuart Rees(オーストラリア・シドニー大名誉教授、Centre for Peace and Conflict Studies元センター長) 
   Mahendra P Lama(インド・国立シッキム大学長/ Dept. of Peace and Conflict Studies and Management, School of Peace, Conflict and Human Security Studiesの創設者)
   韓洪九(韓国・聖公会大学大学院) 
   上村英明(恵泉女学園大)


■コメンテータ
   内海愛子(早稲田大客員教授/恵泉女学園大名誉教授)
   武者小路公秀(大阪経済法科大)


■司会
   大橋正明(恵泉女学園大)


*上記のほか、2日間を通して21世紀世界の恒久平和のための第一歩として「綻びぬ平和」を作るための規範・理論・実践を討議する様々なプログラムがあります。



*お知らせ:駐車場に限りがございますので、車でのご来場はお控えください。

 
  • HOME
  • 教職員の活動
  • 6月13日(土)・14日(日)日本平和学会 2009年度春季研究大会「綻びぬ平和―Sustainable Peace―」を開催します
upBtn