第7回国連改革パブリック・フォーラムを開催します

2009年03月12日

第7回国連改革パブリック・フォーラム
「国連改革のこれまでとこれから―日本の役割は何か」


本学国際社会学科 上村英明教授、高橋清貴准教授、川崎哲非常勤講師らが、司会やコメンテーターを務めます。
どなたでもご参加いただけます。


■日時  2009年3月30日(月) 10時15分から17時30分


■場所  JICA研究所  東京都新宿区谷本村町10−5
       (JR・メトロ「市ケ谷」から徒歩10分)


■内容  国際社会が直面する様々な問題の解決に向けて、国連の改革をどのように進め、その中で日本はどのような役割を果たしていくべきなのでしょうか。これまで「国連改革を考えるNGO連絡会」と外務省は、国連改革パブリック・フォーラムを開催し、開発、人権、平和構築、軍縮といったテーマについて、NGO、政府、国際機関、大学・研究機関、企業、メディア、ユースなど幅広い関係者の参加を得て意見交換を行ってきました。
7回目となる今回は、2005年の国連首脳会合からの国連改革の進展と本フォーラムの一連の成果を振り返るとともに、新たな国際課題を踏まえ、日本が更なる国連改革に向けてどのように取組を進めていくべきなのか、議論を深めます。
upBtn