3つのポリシー

人文学部ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

恵泉女学園大学人文学部は、本学部に所定の期間在籍し本学部の教育目標に基づく所定の単位を修め、次のような資質を備えた学生に対して卒業を認め、学士(人文学)の学位を授与します。

  1. 国内外の歴史、社会、文化を理解する基礎的知識と見識を有し、論理的・批判的に考え、日本語であるいは英語で表現・発信する力を身につけている。
  2. グローバル社会に通用する第二言語を習得し、多文化・異文化に開かれた豊かな国際感覚と共感力をもって、自国の文化と外国の文化の共通点と異なる点を正しく理解する力を身につけている。
  3. 国内外での実践的な学修経験を積むことにより、社会の課題に気づき解決のための思考能力と解決能力を身につけている。

人文学部カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 恵泉女学園大学のカリキュラム・ポリシーに基づき、恵泉教育の3つの礎である「聖書」「園芸」「国際」を人文学部教育の中心に置きながら、人文学部に特徴的に見られる歴史、文化、言語への理解力を身につけるための教育課程を置く。
  2. 日本語・日本文化学科は日本語、日本文学・文芸創作、日本文化史の3つの領域にわたる基礎的な知識と専門的知識を身につける教育課程をもつ。
    英語コミュニケーション学科は英語、および英語圏の言語芸術・文化・社会などを基礎的にも専門的にも学ぶことができる教育課程をもつ。
  3. 2017年度より、各学部と各学科間の壁を超えるためのコース制を整備し、3年次から自学科のゼミだけでなく他学部他学科のコースを選択可能な教育課程とする。

人文学部アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

恵泉女学園大学人文学部は、次のような目的意識や意欲を持った学生を求めます。

  1. 言語を軸に文化圏をとらえ、文学・歴史・文化・芸術に広く関心を持っている学生
  2. 日本語および英語の基礎的な知識を習得している学生
  3. 視野を広げることに積極的で、主体的に学ぶ意欲を持つ学生

入学者選抜においては、受験生が身につけた能力を幅広く評価するために、以下のような入学試験を行っている。
「一般入試」においては、本学独自の入学試験によって、高等学校等までに身につけた基礎的な学力、思考力、表現力を評価する。
「センター利用入試」においては、大学入試センター試験の成績によって基礎的な学力を評価し、合否を判定する。
「指定校推薦入試」においては、推薦指定校としている高等学校に大学から推薦の条件を示し、面接試験を通して本学で学ぶ意欲があることを確認している。
「AO入試」においては、模擬授業とレポートを通して基礎的な学習能力を評価するとともに、面接試験によって人物と学習意欲を判断し、合否を判定している。
上記の他「社会人入試」「編入学入試」「留学生入試」において、小論文と面接を通して基礎的な学習能力と学習意欲を評価し、合否の判定を行う。