英語や韓国語の検定・漢検・農業技術検定・簿記などが利用できる「検定型」のAO入試が始まります!

2022年04月04日

本年度よりAO入試が新しくなりました。
AO入試の中に「検定型」が新設されます。
「目標に向けて努力する力」をアピールできる入試です。
以下の検定を取得していれば出願でき、試験日に志望理由に関する面接のみで選考される点に特徴があります。

  • 各種英語検定 (CEFR A2 ※)
  • その他外国語検定(CEFR A2 )
  • 国連英検(C)
  • 日本漢字能力検定(準2級)
  • 日本農業技術検定(3級)
  • 日商簿記検定(3級)
  • 世界遺産検定(3級)
  • 日本語検定(3級)
  • 歴史能力検定(3級)
  • CSR検定(3級)
  • ITパスポート検定
  • ニュース時事能力検定(3級) 

※CEFRと各種英語検定との対照表。たとえば、CEFR A2は英検準2級にほぼ対応します。

AO入試は以下の通り前期と後期の計6回実施されます。

  • 9月~12月:AO前期Ⅰ Ⅱ Ⅲ(専願 1次・2次選考)
  • 2月~3月 :AO後期Ⅰ Ⅱ Ⅲ(併願可 2次選考なし)

※1次選考重視(2次は「グループ面接」)

オープンキャンパス等で個別相談を受けた方はAO前期の入学検定料が無料となります。
オープンキャンパスにご来場いただき、本学の教育を十分理解していただいたうえで、
本学を受験していただきたいと考え、このような試みを行っております。

なお、今年から「検定型」に加え、オープンキャンパスの授業体験参加を活かせる「授業体験型」、本学キャンパスで実施するSDGsスクールの成果を利用できる「SDGs型」も導入されます。

詳しくは、オープンキャンパスで説明しますので、ぜひご来場ください!

オープンキャンパスについてはこちら

  • HOME
  • 入試関連
  • 英語や韓国語の検定・漢検・農業技術検定・簿記などが利用できる「検定型」のAO入試が始まります!