2018年度入試 5つの変更ポイント

恵泉女学園大学では、入学して頂く学生さんの個性と多様性を重視し、在学中の経済的負担を軽減することで、より多くの方々に勉学のチャンスを得ていただくために、2018年度入試では以下のような変更を行いました。

①各試験で奨学生・特待生の枠を新設(授業料の半額免除、最大4年間など)

(個性と多様性の重視、経済的負担軽減)

  • AO入試 奨学生(AO入試Ⅰ期) スポーツ・文化特待生,生涯就業力特待生
  • 指定校推薦入試 奨学生
    評定平均値が4.0以上で輝く個性を持ち、在学中も他学生の模範となり、生き生きと学ぶ者
  • 公募推薦入試 奨学生
    評定平均値が4.0以上で輝く個性を持ち、在学中も他学生の模範となり、生き生きと学ぶ者
  • 特別スカラシップ入試
    従来の授業料全額免除、最大4年間に加えて次の2つを新設
    • 授業料半額免除、最大4年間
    • 一般入試免除優秀者に、授業料半額免除、最大1年間

    【入学者インタビュー】特別スカラシップ入試

②公募推薦入試の出願条件を変更

(個性と多様性を重視)

  • 主要6教科(国語、数学、地歴、公民、理科、外国語【英語】)のうち、1教科の評定が3.0以上

③指定校推薦入試の出願条件を変更

(個性と多様性を重視)

  • 主要6教科(国語、数学、地歴、公民、理科、外国語【英語】)のうち、1教科の評定が3.5以上

④オープンキャンパス等で本学を理解した上で受験する方への入学検定料を割引

(経済的負担軽減)

  • 30,000円 → 10,000円

⑤初年度納付金の負担軽減

(経済的負担軽減 入学金減額)

  • 1,443,000円(2017年度) → 1,293,000円(2018年度)
upBtn