花とみどりの見どころ

見頃の花(2018.7.16)

2018年07月16日

この三連休は、本当に暑かったですね!
多摩は連日35°C前後となり、少し歩いただけで汗がにじみ出るような暑さでした。こんな中、植物の世話や水やりをする園芸スタッフには、頭が下がります。


さて、暑さの中でも元気に咲いている花をご紹介しましょう。

一番上の写真は、ウッドデッキにあるコンテナです。羽毛ゲイトウとジニア・リネアリス(細葉ヒャクニチソウ)のナチュラルな組み合わせです。

ケイトウ(鶏頭)はヒユ科ケイトウ属(セロシア属)。花の形によって、トサカ・久留米・ヤリゲイトウに、セロシアの名で流通する野ゲイトウなど、さまざまな種類があります。
葉の美しい葉ゲイトウは、ヒユ科ヒユ属(アマランサス属)で別属になります。

ウッドデッキ他では、オレンジ色のオニユリが見頃。バラコーナーのバラの足元では、タイムが白い可憐な花を咲かせています。夏の定番、ルドベキア・タカオも元気に咲いています。

その他、カノコユリ宿根スイートピーサルビア・コッキネアボルドー菊などが見頃を迎えています。


★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

赤と黄の羽毛ゲイトウとジニア(百日草)

ウッドデッキのオニユリ

バラの足元で咲くタイム

ルドベキア・タカオ

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
新着記事
年月アーカイブ