ガーデンダイアリー

2017年11月25日 ~パルテノン多摩のレイズドベッド花壇~

2017年11月25日

11月7日(火)と14日(火)に、「レイズドベッドを造りませんか」講座(講師:深町康志氏、澤田みどり氏)が開催されました。

「レイズドベッド花壇(raised-bed garden)」とは、地面をかさ上げし高くすることで、しゃがまずに植物にふれたり香りを楽しんだりできる花壇のことです。


恵泉女学園大学の公開講座としてグリーンライブセンターを会場に何度か開催され、できあがった花壇は施設のエントランス広場などに設置しています。(2014年の講座の様子はこちら)

今回の完成品は、パルテノン多摩西側の花壇に設置しました。
この花壇は、数年前にグリーボランティア森木会がベンチや植え込みの修繕を行い、恵泉女学園大学が植物の植え付けを行ったもので、普段の水やりは恵泉の園芸スタッフがおこなっています。

恵泉の講座では、単にかさ上げするだけでなくベンチと組み合わせた花壇を造ります。車イスでも作業しやすいように植え込み部分を斜めにカットするなどの工夫が施されています。

黄色と紫色のカラフルなパンジーが、エントランス広場のレイズドベッドには、赤、白、ピンクのガーデンシクラメンが植えられました。
ベンチに座って、間近に花の姿や香りをお楽しみください。


★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

花壇とベンチが一体になった
" レイズドベッド花壇 "

パルテノン多摩の西側花壇に設置しました

パルテノン大通りの鉢植えも、
秋らしい色合いに

グリーンライブ前のレイズドベッドには、ガーデンシクラメンが入りました

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
新着記事
年月アーカイブ